Special Issue 別冊・ムック紹介

『ニューズウィーク日本版』別冊・ムックのご案内

2016年12月31日発売

臨時増刊 世界がわかる国際情勢入門

2016年12月31日発売 / 本体800円+税

世界的な地政学上の問題点と、各国の事情を知れば、国際ニュースはより簡単に、より正確に、より深く理解できる

CHAPTER1
THE BIG PICTURE
激変する国際情勢の「全体像」

トランプ外交とアメリカ優位の終焉
輝きを失ったアメリカ
資本主義の「破壊王」は成長を実現できるか
INFOGRAPHIC 米中が散らす「静と動」の火花
覇権は夢か? 中国の「内憂外患」
秘密を追い求めるインテリジェンスの極意
外交官はいつも「対立軸」に目を付ける
静かに崩れ落ちるヨーロッパ統合の理想
欧州に迫り来るファシズムの靴音
INFOGRAPHIC 2大「紛争」地帯を徹底解説


CHAPTER2
THE ISSUES
世界を悩ませる各国の重要トピック
トランプ政権誕生で激変する米中関係
INFOGRAPHIC 脅威か抑止力か、世界の軍事力
女性総統の台湾はもう「親中」に戻らない
海洋進出を狙う中国の危険な論理
「核保有国」北朝鮮の変わらない悲願
INFOGRAPHIC 北のミサイル兵器は射程も脅威も拡大中
韓国の民主主義を蝕む強権と北の脅威
BRICSの「勝者」インド
東南アジアの不安定化で朝貢体制が復活?
ASEANが「トランプ外交」に抱く深刻な不安
フィリピン大統領、反米感情の原点
トランプ時代に必要なリアルな日本外交

ロシアとNATOの埋まらない溝
ヨーロッパに残る経済危機4つの火種
EU離脱を決めたイギリスの苦悩
極右勢力はEUを崩壊に導くか
米2大政党に迫る支持層の地殻変動
中南米に訪れるピンクの潮流の「次」
コロンビア和平を左右する裏金問題
シリア内戦、泥沼の6年間
テロの脅威を正しく恐れるために
イランとサウジの不気味な対立
トルコ独裁の論理「エルドアン主義」
アフリカの夢は幻だった?
国連を悩ませる「当事者主義」
TPPが崖っぷちでも自由貿易の理想が死なない理由
資源をめぐって北極海で始まる新グレートゲーム
INFOGRAPHIC シェールガスが変える地政学


CHAPTER3
THE LEADERS
波乱の時代を率いる指導者たち

世界に広がる独裁者たちの春
中国政治を変えるキープレーヤーたち
これからの世界は女が仕切る
成長する大陸に君臨する暴君
反移民・反EUの波に乗る極右
INFOGRAPHIC 抑圧へと舵を切る中東の支配者たち
独裁者の時代を生んだもの
定期購読のご案内

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 8

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 9

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 10

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!