Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.9.19号(9/12発売)

特集:トランプvs金正恩 「反撃」のシナリオ

2017年9月19日号(9/12発売)

Cover Story

ますます高まる「核保有国」としての北朝鮮の脅威── トランプは武力行使という最終手段に踏み切るのか

核開発 核保有国・北朝鮮と対峙する日
■データ 拡大し威力を増す北朝鮮の核開発
抑止力 冷戦の「抑止の歴史」に学べ
視点 「炎と怒り」発言のトランプに打つ手はない?
シナリオ 米韓北の全面戦争、恐怖の筋書き

メルケルが殺す民主主義

ドイツ 首相続投はほぼ確実だが論戦自体を封じる政治手法には批判も
【PERISCOPE】
InternationaList
ISRAEL ISIS後の火種、イスラエル対レバノン
UNITED STATES トランプに「隠れ中道派」疑惑
TURKEY シリアをめぐる「新三国同盟」の思惑は
SPAIN カタルーニャ独立住民投票の攻防戦
CHINA 中国の新教科書は学校を愛国で染める
GERMANY ドイツ選挙にハッカー攻撃?
CHECHNYA ロヒンギャ迫害にチェチェンが抗議
TIBET ダライ・ラマ後継者は世界で探せ
UNITED STATES 砂漠の夜にバーニングマンの炎
Asia
CHINA 北朝鮮を放置してきた中国の責任
Business
中央銀行よ、本来の任務に立ち返れ
People
『スター・ウォーズ』続編監督は誰に?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
アジア 「報道の死」はカンボジアでも
中東 パレスチナ和平を阻む真の敵
旅行 「爆買い」の次は革命ツーリズム
アフリカ 不法移民を元から断つEUの「太陽政策」
自然 自ら光を放つサンゴの謎に迫る
【LIFE/STYLE】
Music リベンジの女王テイラーも政治は語らず
Technology AIアシスタントの意外なコラボ
Art 懐かしくて新しいネオンの色気
Movies 新鮮味に欠ける『エイリアン』最新作
Marriage 働く女性を悩ます逆「格差婚」
Front-Runner ザ・フー『四重人格』をクラシックで
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 愛国戦争映画が中国をむしばむ
Picture Power 明るい防空壕が物語る危険な日常

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 8

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 10

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!