Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.9.26号(9/20発売)

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017年9月26日号(9/20発売)

Cover Story

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

アジア インドへの賭けは成功するのか
■チャート 「次の超大国」インドの実力
外交 北朝鮮を切ったインドの思惑
ビジネス ITが結ぶイスラエルとの意外な絆
社会 カースト制の国にもう1つの差別

シリア特需に屈する日本外交

日本 アサド政権の人権侵害への非難を忘れて走りだした「価値観外交」の行方
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES イージス艦事故はサイバー攻撃?
NORTH KOREA 「核保有国」北朝鮮と共存できるか
GERMANY メルケルがトランプに感謝すべき理由
UNITED STATES 米政権を立て直す「子守」のケリー
CHINA なぜ毛沢東の孫は出世できなくなった
IRAQ イラク「2国家」をあの国が支持
RUSSIA ロシアを襲った電話テロの本当の脅威
JAPAN 日本核武装論の現実味
FASHION ぽっちゃりブランドとランウェイの多様性
U.S. Affairs
世襲政治家にアメリカの理念は揺るがず
Business
新型アップルウオッチはポストiPhone大本命
People
クリスチャン・ベール驚きの肉体改造遍歴、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
独総選挙 トルコ系住民はエルドアンに従うか
欧州社会 シュレーディンガーの移民論
ロシア 情報工作はリンクトインで
テクノロジー 3Dプリンターで宇宙でもリサイクル
環境 北極圏を壊す原油採掘再開の悪夢
人工知能 ツイートの絵文字の意外な活用法
【LIFE/STYLE】
Internet 医師と患者を結ぶスマホ診察の落とし穴
Movies 信じ難く美しいぶっ飛びオナラ映画
Movies ハリウッドが頼る「アメリカン」効果
Health 片頭痛の原因は金欠かも
Sports 人工知能ワトソンがテニスを熱くする
Music クールなロックスターの「大人の新境地」
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire ハリケーン後の町の復興は?
Picture Power 巨匠が捉えた1950年のピッツバーグ

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!