Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.10. 3号(9/26発売)

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017年10月 3日号(9/26発売)

Cover Story

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

中朝関係 中国が北朝鮮を見限る日
外交 中朝「相互防衛」の誓いにもはや意味はない
核問題 ついに軍事介入に舵を切る?
地政学 習近平を悩ますロシアリスク
制裁 石油の輸出制限で体制は揺らぐか

ロヒンギャ弾圧に不感症な日本

人権 ミャンマーの民族浄化を日本政府が「看過」するのはなぜか
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES トランプはパリ協定を脱退せず?
MYANMAR スーチー崇拝が鈍らせるロヒンギャ対応
SOCIAL MEDIA ツイッターとテロ組織のいたちごっこ
UKRAINE 国産の高額戦車に手が届かないウクライナ
EUROPEAN UNION 難民100万人以上が欧州で放置
CHINA 中国の文化的ジェノサイドとは
UNITED STATES ハリケーンでも予報機関トップ不在
MEXICO 32年目の同じ日にメキシコで大地震
U.S. Affairs
FB広告にもロシア疑惑の議会調査が
「新品」の犬を売ってはいけない
Business
ロンドンにウーバーは不要?
ラブドールのシェアは中国当局が許さず
People
エミー賞授賞式で前大統領報道官が自虐ネタ、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
内戦 シリアが直面する「アサド頼み」の現実
中東 アラブに「第2の春」の予感
米社会 白人至上主義団体は大学に目を付けた
スペイン 普通すぎる若者がテロに走った理由
インド 13億人を「監視」するカード
テクノロジー Siriを超える音声認識の世界
食品 アボカドの種を捨てないで!?
【LIFE/STYLE】
Travel トランプの生家で過ごした奇妙な一夜
Movies NASAを支えた黒人女性の勇気の物語
Health 愛犬と一緒に寝ると睡眠の質が下がる?
Health 虫歯は遺伝のせいじゃない
Music 伝説のコメディアンは進化中
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 暴露富豪の「反腐敗キャンペーン」
Picture Power 新たな悩みをもたらした二人っ子政策

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 3

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘――中国の日本人経営者が語る

  • 4

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 6

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 7

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 8

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 9

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 10

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 9

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!