コラム

<3分解説>イランってどんな国? 実はユダヤ人が国内に数万人いる国の「ちゃらんぽらん」な素顔

2024年01月11日(木)18時35分
イラン・イスファハーンの王の広場

イスファハーンのイマーム広場(写真AC)

<アメリカやイスラエルと敵対する「中東の大国」。2024年の台風の目になるのは、この国かもしれない>

新型コロナウイルスの流行も収まり、アフターコロナでインバウンド・アウトバウンドともに旅をしたい人々が世界にはあふれる。そうした中、日本は2025年大阪・関西万博の開催を控え、国際理解、多文化共生の機運が高まっている。

世界各国から150を超す国・組織が既に参加を表明。「そんな国あったんだ」と驚くこともあるだろう。各国パビリオンの目玉の展示はなにか。世界中の珍しい装飾品や民芸品、美味しい食べ物が一堂に会するまたとない機会だ。連載では、参加表明をしている各国を、手軽にさくっと理解できるように紹介していく。

イランの国旗 イラン・イスラム共和国
 Islamic Republic of Iran

親米だったかつての王政がクーデタで失脚、イスラム革命で反米国家へと180度転換したイラン。以来、悪魔と呼ぶ米国とイスラエルとの対立が続く。

ユダヤ人国家の殲滅を掲げ、イスラエルへ攻撃する武装組織ヒズボラ(アラビア語、ペルシャ語で神の党の意)を支援することでも知られている。

一方、多民族国会のイランには実はユダヤ教徒も少なからず生活している。

欧米をはじめ国際社会の孤立を深める原因となる核開発疑惑がくすぶり続ける中東の大国。石油利権も複雑に絡み合い、反米だけど日本とは仲のいい不思議な国の横顔を3分で読み解く。

イランの地図(写真AC、外務省のデータより作成)

概要

面積:約165万平方キロメートル(日本の約4.4倍)

首都:テヘラン

人口:8,920万人(2023年、世界人口白書2023)

一人当たりGDP:約4,252ドル(2023年4月、IMF)

主な言語:ペルシャ(ペルシア)語、トルコ語、クルド語など

ペルシャ語のあいさつなど
こんにちは サラーム
ありがとう モタシャッケラム、メルシー
さようなら ホダーハフェズ
はい/いいえ バレ/ナ
平和 サラーム

略史

紀元前5世紀 アケネス朝ペルシャ
紀元前3世紀 ササン朝ペルシャ
1925年 パフラヴィー(パーレビ)朝成立
1929年 在イラン日本公使館開設、外交関係樹立
1930年 在日イラン公使館開設(1942年、第二次世界大戦の影響で外交関係断絶、1953年外交関係再開)
1979年 ホメイニ師主導によるイラン・イスラム革命
1979年11月 在テヘラン米国大使館人質事件
1980~88年 イラン・イラク紛争(1980年~1988年)
2020年 米軍がイランの革命防衛隊の精鋭幹部ソレイマニ司令官を殺害、一時「第三次世界大戦」勃発が懸念される事態に
2023年12月 イラン革命防衛隊の司令官が殺害
24年1月 同氏の追悼式があった付近での爆破テロにより360人以上が死傷

過去の万博

2020年ドバイ万博:「伝統と現代の建築の融合」をテーマとし、「古代の安定した文明、歓迎的な国」であるイランの経済、社会発展、文化を紹介。(紹介文をChatGPTで翻訳・要約、加筆)

2005年愛知万博:「人生の"わざ"と智恵」をコンセプトに、万博にあやかった記念切手などを販売。パビリオンでは絨毯や伝統工芸を展示

1970年大阪万博:「2500年にわたる人間関係」をテーマに展示

特産品

ピスタチオ:硬い殻で覆われた豆。ペルシャ語ではペステ

バラ水:ローズウォーターと呼ばれ、ほのかな甘さが人気

絨毯:メッカの方向を指す繊細で緻密な幾何学模様の1000万円を超える高級品から、かわいいデザインで若者に人気の「ギャッベ」などさまざまな種類がある。手先が器用な子どもが長時間こもって機を織ることが国際社会から問題視されてもいる

ギャッベの絨毯

ギャッベの絨毯。かわいらしいデザインが若者にも人気(写真AC)

映画:国家検閲が厳しい中、その網目をかいくぐり、言外の意味を込めて見る者の感受性に訴えかける暗示的、暗喩的な社会派作品の秀逸さで知られる。『友達のうちはどこ?』(アッバス・キアロスタミ監督)や『運動靴と赤い金魚』(マジッド・マジディ監督)が有名

プロフィール

くらふと

主に小中高生向けに異文化理解や世界の諸問題に関するワークショップなどの活動を行う東京外国語大学のボランティアサークル。(協力:南龍太)
Instagram:@tufs_kraft
X:@TUFS_KRAFT

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は小幅続落で寄り付く、ハイテク株安い

ワールド

コンゴでクーデター未遂、首謀者殺害・米国人含む50

ビジネス

大和証G、27年3月期経常益目標2400億円以上 

ワールド

ロシア裁判所、ドイツ銀とコメルツ銀の資産差し押さえ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 9

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 9

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story