コラム

ショッピングモールのデザインが「かつての監獄」と同じ理由

2023年12月10日(日)09時30分
ショッピングモール

(写真はイメージです) Pandora Pictures-Shutterstock

<「安全な場所」には、トラブルを起こしにくくしている仕掛けがある>

年末が近づくと、クリスマス商戦、年末セール、正月飾りの準備など、多くの人が購買意欲をかき立てられる。そのため、吹き抜けの大型ショッピングモールも、にぎわいが最高潮に達する。

このショッピングモールのデザインは監獄と同じと言われたら、誰もが驚くのではないだろうか。ショッピングを楽しむ空間が、ショッピングを禁止された空間に似ているというのは不思議である。

 

監獄、つまり刑務所のデザインは「犯罪機会論」に基づいている。正確に言えば、基づいていた。というのは、最近の刑務所は、犯罪機会論から離れた設計をすることも多くなったからだ。しかし、監獄が誕生した当時は、そのデザインにしっかり犯罪機会論が反映されていた。

人的要因を把握するのは至難の業だが

そもそも、犯罪学には、人に注目する「犯罪原因論」と、場所に注目する「犯罪機会論」がある。トラブルが起きたとき、人のせいにするのが犯罪原因論で、場所のせいにするのが犯罪機会論だ。「人は間違える」ということ前提に、間違える条件を取り除こうというのが犯罪機会論である。

監獄の安全に関しても、犯罪原因論は無力に近い。なぜなら、受刑者の性格、つまりトラブルを起こす人的要因を把握することは至難の業だからだ。しかし、犯罪機会論は有効である。というのは、物理的デザインによって、トラブルを起こすコストを高くしたり、不利益を受けるリスクを高くしたりすれば、トラブルを起こしたくはなくなるからだ。

防犯を追求する物理的デザインは、「防犯環境設計」と呼ばれている。その研究によって、犯罪が起きやすい場所は、「入りやすい場所」と「見えにくい場所」であることが分かった。したがって、場所を安全にするには、「入りにくくすること」と「見えやすくすること」が必要になる。

この原理は、監獄にも当てはまる。もっとも、「入りにくくする」のは、鍵やフェンスなどを用いて、比較的容易に実現できるが、「見えやすくする」のは簡単ではない。単純に「見えやすい場所」にすると、同時に「入りやすい場所」になってしまうからだ。

そこで、考え出された建築様式が「パノプティコン」である。イギリスの哲学者ジェレミー・ベンサムが考案した。パノプティコンとは、古代ギリシャ語の「パン(すべて)」と「オプティコン(観察)」の合成語。円形の外周部に受刑者の部屋が並び、吹き抜けの中心に監視塔が立っているデザインだ。受刑者は実際には見られていなくても、看守の視線を気にせざるを得ないので、「一望監視施設」と呼ばれている。

プロフィール

小宮信夫

立正大学教授(犯罪学)/社会学博士。日本人として初めてケンブリッジ大学大学院犯罪学研究科を修了。国連アジア極東犯罪防止研修所、法務省法務総合研究所などを経て現職。「地域安全マップ」の考案者。警察庁の安全・安心まちづくり調査研究会座長、東京都の非行防止・被害防止教育委員会座長などを歴任。代表的著作は、『写真でわかる世界の防犯 ——遺跡・デザイン・まちづくり』(小学館、全国学校図書館協議会選定図書)。NHK「クローズアップ現代」、日本テレビ「世界一受けたい授業」などテレビへの出演、新聞の取材(これまでの記事は1700件以上)、全国各地での講演も多数。公式ホームページとYouTube チャンネルは「小宮信夫の犯罪学の部屋」。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足

ビジネス

マイナス金利解除4月は時期尚早、中小賃上げ見極め必

ビジネス

中国企業、IPO計画中止相次ぐ 規制強化で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story