コラム

「道徳的純真無垢」派にとっては戦没者追悼も「差別的」で「不道徳」

2022年11月16日(水)15時45分
リシ・スナク英首相

スナク英首相も昨年は赤いポピーを胸に戦没者を追悼 TAYFUN SALCI-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

<人々が胸に赤いポピーの花を着ける11月の戦没者追悼記念日はイギリスにとって重要な慣習だが、いかなる人種差別も帝国主義も許さない「道徳的純真無垢」派によって、国のために戦った犠牲者をしのぶことさえ危うくなりつつある>

ある程度長く生きていれば誰しも、以前は「急進的」もしくは「常識外れ」とされていた考えがいつの間にか主流になっていた、という経験があるだろう。僕の人生においては、良し悪しは別として、同性婚や(社会の中の構造的な人種差別を考えるという)批判的人種理論(それに伴う「白人特権」や歴史の「脱帝国主義化」)、人は自分の性別を自分の意思で決められる、などといった考え方が挙げられる。だから僕は、当初は大衆に支持されず風変わりに見える考え方でも、簡単に無視することはできないということを思い知った。

毎年11月に僕たちは、戦没者を追悼する。イギリスでは広く浸透している慣習の一つで、皆がこぞって赤いポピーの花を胸に着ける(購入費は退役軍人の慈善事業に寄付される)。サッカーの試合前のスタジアムだろうと居合わせたスーパーマーケットの店内だろうと、戦没者追悼記念日の午前11時(第1次大戦の停戦が1918年に結ばれた時刻)には国中で2分間の黙禱がささげられる。

もちろん、多くの人々は全国で行われる記念式典に自ら足を運ぶ。死者の犠牲をしのぶことは、単にイギリス国民がそろって賛同しているだけでなく、大多数が自ら参加するものなのだ。

にもかかわらず、この慣習への抗議の声もまた、無視できないレベルになってきた。追悼は「死者へのカルト」だとする言葉もたびたび聞く。人々の感謝の念をあたかも邪悪な感じへと巧妙に反転させる言い回しだ。第1次大戦から100周年を迎えた2018年で追悼は打ち切りにすべきだった、と主張する人もいる。まるで、2度の大戦で兵士たちが払った多大な犠牲の上に今の僕たちの自由な暮らしがあるという事実が、時間の経過だけで帳消しになるかのように。

もう1つ、戦没者をおとしめている手法は、当時は存在もしなかった基準を彼らに当てはめることだ。典型的なのは、戦時の指導者たちが大英帝国とその価値観を信じていたというもの。それ故に彼らは帝国主義者であり、つまりは人種差別主義者であり......そして彼らに従った兵士たちもまた、誤ったイデオロギーを支持した道徳的共犯者なのだ、と。

一般的なイギリス人にそんなことを言えば激怒されるだろうし、わが国の兵士は究極の人種差別主義者であるナチス政権と戦ったではないかと指摘されるだろう。とはいえ、現在のイギリスで尊敬されるには「非の打ちどころのない反人種差別主義」的な行動基準に従わなければならないから、この手の中傷もまかり通ってしまう。

平和な時代ならではの贅沢

戦時のイギリスの戦略を非難する声もある。特に第2次大戦末期の英空軍によるドイツ全土への空爆だ(米軍による日本の本土での大規模空襲も同様)。こうした作戦の道徳的疑念と軍事的効果については、何十年も議論されてきた。そのため、爆撃機軍団は格別に犠牲の多い困難な任務だったにもかかわらず、長い間彼らの業績をたたえることはためらわれる雰囲気があった。ここ数年では、爆撃機軍団司令官だった「ボンバー」ハリス卿のロンドンに立つ銅像が汚され、「大量殺人者」だから撤去すべきだという声が上がっている。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー、日本の5大商社株保有比率引き上げ 約

ビジネス

バフェット氏「目を見張る」業績終わった、長期的に株

ワールド

ナワリヌイ氏遺体、母親に引き渡し 夫人は「拷問」と

ビジネス

米石油掘削リグ稼働数、11月以来の大幅増=ベーカー
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 3

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 4

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story