コラム

オバマの「ナイジェリア飛ばし」騒動

2009年07月13日(月)16時29分

 それは起こるべくして起きた。バラク・オバマ大統領の無難でささやかなガーナ訪問は、ほかの国を不快にさせてもおかしくなかった。来てくれなくて侮辱されたと感じるのは、今もオバマの家族がいるケニアだと予想するのが普通だろう。だがもっと自尊心が傷つけられたアフリカの大国がある。ナイジェリアだ。

 オバマのガーナ行きが発表された途端、現地の新聞が疑問を呈し始めた。ナイジェリアはアフリカで最も人口が多い。産出する石油は概ねアメリカ人の消費に使われる。経済的にも政治的にも地域のリーダーである。それなのに、なぜオバマはナイジェリアの近くにある小さな国を選んだのだ?

 答えは非常にはっきりしている。市民の多くがそう結論付けた。米大統領の訪問という栄誉を受ける前に、ナイジェリアは国内情勢を立て直さないといけないのだ。政府の腐敗、選挙の不正、そして石油生産地域における反政府活動──ナイジェリアは多くの点でガーナとまったく違う国である。

 あるナイジェリア人はBBCのウェブサイトに「ナイジェリアを鼻であしらっても構わない。この国を好きなように操っている者にとって警鐘になる」と書いている。同国で最も尊敬される知識人ウォール・ソインカ(ノーベル賞劇作家)でさえ、オバマの判断に同意。「ナイジェリアはその栄誉に値しない」と、首都アブジャでの集会で語った。

 ナイジェリア政府の反応はどうか。デーリー・トラスト紙によると、「お偉い方が被害妄想に取り付かれている」。同国外交委員会のトップはBBCに対し、オバマがナイジェリアに懸念を抱いているなら、謎めいた外交上の合図を送るよりもアブジャに来て直接それを表明すべきだ、と語った。一方で、お粗末なナイジェリア外交のせいでオバマ来訪を実現できなかったという批判も多い。

 オバマがより民主的で平和なガーナを訪問することで何らかのメッセージを送ろうとしているのなら、少なくとも物議をかもすことには成功しているようだ。もちろん、今回のナイジェリア飛ばしには別の理由があったと信じる人もいる。


 考えてみればオバマはバスケットボールをプレーするのが好きだ。仮に彼が滞在中にヤラドゥア大統領と1対1で試合をしようと誘い、大統領が礼儀上応じたとする。でもヤラドゥア大統領はバスケットボールをしない。するのはスカッシュだけなんだ。


──エリザベス・ディッキンソン
[米国東部時間2009年07月10日(金)11時32分更新]


Reprinted with permission from FP Passport, 13/7/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米国が黒海に拠点画策、ウクライナ供給と最新兵器配備

ビジネス

米GDP、第2四半期+2.8%に加速 個人消費堅調

ワールド

イスラエル、首相訪米中もガザ攻勢強める ラファ中心

ワールド

マスク氏から寄付の計画聞かず、トランプ氏 巨額献金
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「習慣化の鬼」の朝日新聞記者が独学を続けられる理由【勉強法】
  • 2
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な一方、やはり割を食う「あの世代」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    トランプ再選で円高は進むか?
  • 7
    誰よりノリノリ...アン・ハサウェイ、友人テイラー・…
  • 8
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 9
    自分を「侮辱」し続けたバンスを、なぜトランプは副…
  • 10
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 10
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story