コラム

エジプトの「不愉快な現実」

2013年08月21日(水)20時35分

 エジプトが混沌としている。

 断食月明けの祝日が終わった直後の8月14日、軍は一斉にムルスィー前大統領派の強制排除に乗り出し、1週間で800人以上の死者を出した。衝突はその後も各地で続き、外出禁止令が発出され、20日にはムスリム同胞団の最高指導者ムハンマド・バディーア氏が拘束された。その前日には、ムバーラク元大統領の保釈可能性が浮上している。これはいったい何だ? 2年半前に転覆した旧体制を復活させることなのか?

 混乱しているのは、事態の展開ではない。それを見つめるエジプト、および中東の知識人や活動家たちの言説である。7月の軍クーデター以降同胞団系のメディアは閉められているので、エジプト国内メディアのほとんどが軍に支えられた暫定政権支持派だろうが、その同胞団に対するバッシングは、凄まじい。同胞団=テロリスト、ファシスト、独裁、といった常套句が溢れ、「同胞団は終わった」と主張する。

 すでに暫定政権側は、同胞団壊滅が視野にある。だから国際社会がいかに「同胞団との調停を」と要求しても、受け入れられない。「調停」や「共存」を求める国際社会は不当な介入でしかない、と糾弾し、ムルスィー下ろしを「クーデター」とみなす欧米を激しく批判する。『エジプシャンガゼット』などの国営紙が同胞団を叩く際、「同胞団は米国やイスラエルとつるんでいる」と述べているのには、苦笑せざるを得ない。

 軍が自己弁護のためにさまざまなレトリックを弄しているなら、わかる。ムパーラク時代に支配エリートの一角であった軍が、民衆の反ムルスィー感情を利用して地位を再確保しようという動きととらえれば、今の事態も全く不思議ではない。理解できないのは、左派系、リベラル系知識人がほぼこぞって、同胞団叩きの論理に乗っていることだ。彼らの「イスラーム主義=テロ」という固定観念は、実に根強い。筆者が20年前、オウムによるサリン事件の直後にエジプトを訪問した際、出会う人ごとに「エジプトもイスラーム主義者がいて苦労しているから、テロの恐怖はわかるわあ」、と「共感」されたことを思い出す。

 左派系活動家のなかには、軍と旧政権の復活に警鐘を鳴らす者がいないわけではない。だが、革命社会主義者を自認するフサム・ハマラーウィはこう言う。「左派系で同胞団に対抗できる組織がなかった。だから民衆が同胞団の代わりに軍支持にまわるのは仕方がないじゃないか?」2年前の「革命」の火付け役だったワーイル・グネイムもまた、「同胞団が問題だったので、これが取り除かれたからよかった」と述べる。

 ムバーラク政権時代に、「米国の手先」として投獄されたこともある民主化研究の大家、サアッディーン・イブラヒームですら、こうだ。「同胞団はあと20年立ち直れないだろう。・・・・我々は同胞団の青年層を取り込み、社会復帰させ、エジプトの政治生活の主流に同化しなければならない。旧世代の(同胞団の)指導者たちはこうした若者の情熱を利用し、彼らを騙して地獄の入り口に放り込んできたのだから」。

 こうした同胞団への反発には、「野党だったときにはいいけど、与党になったらてんでダメ」という、わかりやすい説明があてはまらないわけではない。クーデター直前に行われた米ギャロップ社の世論調査では、自由公正党(同胞団の政党)への支持率が2012年年頭の67%から2013年4月には19%に低下している。さらにいえば、「革命」後の2011年8月時点でも支持率は15%しかなかったので、この調査結果に基づけば、「同胞団は民衆に支持されているわけではない、ムルスィー下ろしで集まった2200万人の署名のほうが大きい」という、反ムルスィー派の論理は荒唐無稽ではない。

 だが、根本的な問題は、今のエジプトで国民の多くが納得のいく正統性を主張することが、誰もできないことだ。反ムルスィー派の知識人は、選挙という数の論理を否定した以上、それに代わる統治の正統性を提示できていない。前述のワーイル・グネイムは、「路上にどれだけ人が集まるかが正統性のカギ」と述べているが、直接民主主義への強烈な憧れだけでは、対立する両者がそれぞれ主観的に「大衆の力」を強調して正統性を取りあうだけになってしまう。

 こうなると、エジプトで起きたことは民主主義のあり方自体を問うものだ。だからこそ、世界中で中東研究者の意見が割れている。「アラブの春」を最も適切に予見し、その性格を見抜いた社会学者のアーセフ・バヤートと、同じくエジプトの労働運動研究の専門家であるジョエル・ベイニンは、上に引用したエジプト人知識人たちと同様、「選挙だけが民主主義ではない」と言い、軍依存もやむない部分があるとする。反対に、中東通ジャーナリストの第一人者であるイギリスのロバート・フィスクは「支持率が半数以下だったからといって、ヨーロッパで軍が政府を倒すか?」と言い、ミシガン大学のホアン・コール教授は、イスラーム主義者を殲滅することは絶対できないと、実例を縷々並べる。アメリカの近代日本研究者たるイアン・ブルマまで中東メディアの論壇に登場し、「都市の西欧近代知識人対地方の貧困層の対立は、アジア諸国が古くから抱える問題」と述べて、イスラーム抜きで中東の民主化はあり得ない、とアドバイスしている。

 そう、根幹には世界中が「古くから抱えてきた問題」があるのだ。世界が解決保留にしてきた問題が爆発する今のエジプトは、皆正視したくない。だがこの「不愉快な現実」を乗り越える知的努力がどこかでなされなければ、民主主義に明るい展望は抱けない。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。

ニュース速報

ワールド

スコットランド首相がEU残留目指す、欧州議会指導部

ワールド

英次期首相決定が1週間後ずれ、9月9日まで=保守党

ビジネス

欧州銀行監督機構や清算機関の拠点、ロンドン撤退へ=

ビジネス

米GDP第1四半期1.1%増に上方修正、個人消費は

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  4. 4

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう