コラム

数百万人のコロナ検査は可能。急いで取り組むべき=米誌

2020年05月02日(土)18時07分
数百万人のコロナ検査は可能。急いで取り組むべき=米誌

国民全員を検査し、感染経路を把握することも夢ではない jarun011-iStock:

エクサウィザーズ AI新聞(2020年5月1日付)から転載

米誌MIT Technology ReviewのThe US already has the technology to test millions of people a dayという記事を読んで。

コロナ禍を収束させるのには、国民全員を検査し、感染経路を把握するしかない。そういう意見が米国で散見されるようになってきた。(関連記事「米ハーバード大が、コロナ禍から経済を再開するための戦略を発表」)

問題は、国民全員を検査することが可能なのかということだ。米国では一日に21万人を検査しているという。これだけでも日本に比べればかなり多いが、専門家によればコロナ禍を収束させるには、一日に数百万人を検査する体制が必要だという。

果たして、そんなことが可能なのだろうか。

MIT Technology Review誌に寄稿したカリフォルニア大学のSri Kosuri教授などの研究者グループによると、特に新しい技術を1から開発しなくても、既存の技術を組み合わせたり改良することで100万人以上の検査体制の構築が可能だという。

同教授らによると、CrisprDNAやRNA認識ツールを使ったSherlockDetectrと呼ばれる手法が、新型コロナウイルスの検査に応用できる可能性があるという。検査に応用できる可能性がある検査手法は、全部で数個。これらの複数の検査手法の研究開発を同時進行で続ければ、そのうちの1つ2つは検査ツールに応用できるかもしれないという。同教授らによると、1つの手法に絞って労力を集中させるという考え方もあるが、時間がないのでとりあえず複数の手法を同時に試す方がいいという。同教授らは、「(たとえ複数の手法が確立したとしても)2つ以上の手法が必要になるかもしれないので、(問題ない)」と語っている。

検査手法の確立と同様に、すべての検査プロセスにもイノベーションが必要だという。検査サンプルの収集、取り扱い基準、検査キットの製造、物流、データの取り扱いシステム、請求の仕組みなど、既存の病院以外に検査できるインフラを構築する必要があるという。

例えば供給が間に合わなくなっている検査用の専用綿棒でなくても、市販されている綿棒でも検査できるようにしたり、唾液を使った検査方法の可能性も探るべきだという。今は検査済みサンプルに氏名を書くことになっているが、これをバーコードで代替し、スマホで読み取ることで、データ管理を簡単にすることも必要だろう。また医療従事者でなくても、自宅や会社で自分自身で簡単にできる検査キットの開発も必要だろう。健康な若者などリスクの少ない人たちを一か所に集めて簡単な一次検査を行い、陽性反応が出た人に対してはより正確な検査を行うという集団検査方法も検討すべきだと、同教授らは提案している。

こうした集団検査方法を採用するには、民間企業や、非営利団体、大学、政府機関などの協力が不可欠になる。同教授らはこうしたことで一日に100万人以上を検査する体制の構築は可能で「既に一部で準備が進められている」としている。

【著者からのお知らせ】
■優秀な仲間たちと社会課題を解決しよう
エクサウィザーズ の強みは、技術力xビジネスセンス。社会課題の解決に向け急成長中。エンジニアだけではなく、ビジネスサイドの人材も必要なんです。チャレンジ精神旺盛な方大募集です。
集え!社会を変えるウィザード達

20050512issue_cover_150.png
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年5月5日/12日号(4月28日発売)は「ポストコロナを生き抜く 日本への提言」特集。パックン、ロバート キャンベル、アレックス・カー、リチャード・クー、フローラン・ダバディら14人の外国人識者が示す、コロナ禍で見えてきた日本の長所と短所、進むべき道。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

台湾独立は戦争を意味する=中国国防省

ワールド

焦点:米極右「プラウド・ボーイズ」リーダー、捜査協

ワールド

米国の対中政策、戦略的競争相手は誤り=駐米大使

ビジネス

オリエンタルランドの4─12月期、198億円の営業

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!