コラム

人工知能の反逆より人間のほうがよほど怖い。一番怖いのは頭でっかちのエリート

2016年08月16日(火)13時48分

 非常に進化したAIを搭載したロボット戦士やドローンを大量に生産した国が、戦争で全戦全勝するようになるだろうし、株価の変動を人間より正確に予測するAIを開発した会社が、世界中の富を手中におさめるようになるかもしれない。

 AIによる世界征服を心配する前に、まずはAIを使って世界征服を目論む人間のことを心配すべきだと思う。

 中でも僕が一番心配なのが、議論好きの頭でっかちエリートたちだ。どうやら人間って理詰めで物事を考えると、大事な何かを見失う傾向にあるようだ。この世の中には「この程度の善悪の判断は子供でもできるのに、なぜこんなエリートが誤った判断をしたんだろう」というようなニュースであふれている。

「頭」より「腹」を使え

 会社の利益を最優先して、ウソの報告書を国に提出するなんて、ざらにある話だし、極めつけは戦争だ。1つの民族を劣勢民族だと決めつけて収容所で殺害したり、1つの市が消滅するほどの爆弾を開発して何十万人も一度に殺害したり......。もし宇宙人が宇宙から地球の様子をのぞいていたら、地球人ってなんてバカなんだろうと思うに違いない。狂気の沙汰としか思えないことが、いわゆる「頭のいいエリート」たちの判断で実行に移されている。

 ではどうすればいいのか。「頭」でなく「腹」で決めればいいんだと思う。

 日本人は、人間には「頭」と「腹」の2つの判断器官があると感じてきた民族だと思う。そしてより重要なのは「頭」ではなく「腹」だと考えてきた。「頭にくる」と判断を誤り、物事を深く理解すると「腹落ち」する。日本語は、腹の重要性を示す表現であふれている。

「頭」の部分はAIのほうが優秀になるのだろうから、われわれ人間は「腹」で判断する力を取り戻していく必要があるのだと思う。また理詰めで考えることをAIに任せるようになればなるほど、われわれ人間は「腹」で直感的に感じたことをより大事にするようになっていくのだと思う。

「腹」で判断するということは、どういうことなのだろうか。実際に判断するのは「腹」なのだろうか。CPUは別のところにあり、「腹」はただディスプレイの役割を果たしているだけなのだろうか。科学的にはまだまだ分からないかもしれないが、「頭のいいエリート」が地球を滅ぼす前に「腹」で善悪を判断できる人が一人でも多くなってほしいし、そうなるんじゃないかなって思う。

 AIの進化が1つのきっかけになって、人間はより人間らしく、しかもより崇高な生物へと進化するんじゃないだろうか。楽観的過ぎるかもしれないけど、僕の「腹」は、そんな風に感じ始めている。

*2歩先の未来を創る少人数制勉強会TheWave湯川塾主宰
*有料オンラインサロン

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

焦点:冬を迎えた欧州、コロナ流行でインフル激減の可

ワールド

米、中国との文化交流5プログラム廃止 「政治宣伝に

ビジネス

ドル小幅高、英EU通商協議停止で=NY市場

ビジネス

米国株248ドル高、雇用統計低調で追加支援策に期待

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 7

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 8

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 9

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 10

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!