コラム

「副業解禁」に反対! 世の中にどんな副業があるか知っていますか?

2019年05月20日(月)19時30分
「副業解禁」に反対! 世の中にどんな副業があるか知っていますか?

中途半端に手を出せば、本業のほうが停滞してしまうことも kuppa_rock/iStock.

<副業解禁は本当に朗報か? 副業で稼ぐために必要な能力や努力を挙げてみれば冷静にならざるを得ない>

いよいよ副業解禁の時代がスタートします。

5月20日付けの日経新聞も「副業解禁、主要企業の5割」とトップの見出しで報じました。

副業は、「働き方改革」の重要なテーマにも挙げられており、大企業のみならず中小企業でも、「副業解禁」を公に打ち出す企業が出はじめています。

政府側の論理でいえば、「キャリアの複線化」「能力・スキルを有する企業人材の活躍の場の拡大」などが「副業解禁」の目的でしょう。一方の企業側の論理でいえば、「人件費の抑制」「定年後の離職促進」が目的でしょうか。

政府側は建前で、企業側が本音。このように整理すると、すっきりします。

デキる社員には副業させたくない

「副業解禁」を容認する企業は、これ以上、給料をアップできない。退職金を増やせない。定年を迎えたら速やかに離職してもらいたい。だから、あまり会社に頼らず、自分で稼いでもいいよ、というのが本音。

正直なところ、「副業してもいいだなんて、時代も変わったな」「副業してもいいなら、自分は何をしようかな?」なんて呑気に考えている人がいたら、どうかしていると私は思います。

本当に重要な「人財」に対し、企業側が本気で「副業してもいい」と考えるはずがありません。

早々と副業解禁を打ち出した有名企業といえば、ロート製薬があります。ロート製薬は1000人以上の従業員数を抱える企業。(連結だと6000人を超える)

このうち副業を認めるのは、もちろん5人とか6人といった規模ではありません。おそらく、5%や10%ぐらいの人が副業するだろうと企業側は試算するはず。そう考えたら50~100人。連結だと300~600人という規模になります。

もっと大きな企業が「副業解禁」したら、何らかの副業をする人は1社あたり1000人とか5000人とかの規模になるのでしょうか。日本企業の一部が「副業OK」しただけで、「副業人口」は大変な数に膨れ上がります。

プロフィール

横山信弘

アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、最優遇貸出金利を小幅引き下げ 景気支援

ビジネス

中国、2018年のGDP改定値を発表へ=国家統計局

ワールド

原油価格は横ばい、世界景気鈍化懸念が重し

ビジネス

輸出・生産減少するとサービス・投資に影響、注視必要

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 3

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 8

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 9

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 8

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 7

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 8

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 9

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!