World Voice

powerd_by_nw

最新ポートランド• オレゴン通信──現地が語るSDGsと多様性

山本彌生|アメリカ

『ポートランド・スタイル』自分らしく、IKIGAIを手にいれる旅

ポートランドの有名レストラン、トップシェフと原宿でのイベント。まやかしモノではない、ポートランドスタイルとカルチャーを紹介した書籍 "True Portland" との特別企画。面白く楽しい。そして、ホンモノはリアルで美味しい。そんな合言葉とともに、観光業界という枠を飛び出すようなイベントを行ってきたポートランド観光協会。 Photo | Jeffrey Hammerly / Travel Portland

西海岸に位置する、中規模都市のポートランド。80年代から徐々に注目を集め、今では『ポートランドスタイル』という文化・カルチャーを確立して、世界に広がっています。

そんな、独特のスタイルを日本のメディアや観光客に紹介した先駆者の一人、ジェフさん。日本人の血が流れているのでは、そんな気分になってしまうほどの日本通。標準語と関西のアクセントをうまく使い分け、読み書きも完璧。でも生粋のポートランダー。

生まれ育ったこの町、そして現在の環境。変わったところ、変わらないところ。すべてを受け入れてくれるような温かさを持ち合わせている、渋い(おもろい)おじさま。

知的好奇心に満ち溢れたその目から見た、今の日本とは。そして、これからの旅行業界、サービス産業への道筋とは。ニューノーマルの時代に突入している現在。ポートランドスタイルを日本に広めていったリーダーのひとりから、そのヒントを探ります。

 旅をして、人に会う。望んでいた自由を手に入れる

以前から、自分が楽しいと感じる仕事や遊びに携わりたいという思いから、旅を続けてきたジェフさん。「その道のりの多くは、ふとしたきっかけから始まる、受動的なものだった。それを積極的に生かして、自然に繰り返してきた。そんな結果が、今の自分を作り上げたと思っているんだよね。」

実は、著者山本とは20年以上の付き合いということから、最初からフランクに、でも誠実に話し始めます。

そんなジェフさんと日本との出会いは、1970年代初頭。在籍する高校に、外国語の選択肢として日本語があったことから始まります。もちろん、当時としては大変珍しかったことです。加えて、同時期に不思議な出会いから禅に興味を持つようになったこと。大学で、日本に一年間留学をした経験。のちに僧院で過ごした体験。『鼓』の学びを正式にしたこと。このように、次々と導かれるように日本文化に身を置いていきます。

その後、大学を終え、まずは広告代理店に就職。転職をしながら最終的には、アジア・日本の最大のアメリカ報道局の支局長を経験しながら、日本での生活は合計13年にも及びました。

そんな経験と共に、郷里のポートランドに戻り、ポートランド観光協会(Travel Portland、以下 TPと略す)で働き始めます。この観光協会、通常の観光政府局とは大きな違いがあった。そんな部分に惹かれたと言います。

「ポートランド市の非営利団体、という立場で運営をしている協会でね。米国でもとても珍しい組織体制。こういう形態にすることで、より一層、広範囲で観光業界に貢献がしやすい利点があるんだ。」

TPのミッションステートメントには、こうあります。『ポートランドの個性と価値を生かし、町を訪れる人々がリアルな経験に結びつけられるような、大胆で革新的かつ協力的な方法で訪問者を楽しませること!』

ですからTPには、他の都市の観光政府局にはない部署もあると言います。例えば、国内・国際観光、コンベンション・イベント営業・サービス、マーケティング、コミュニケーションPRなど。因みに、オレゴン州の消費税は0%。米国でも珍しい州です。このような理由もあって、ホテルの宿泊にかかる宿泊税は、市の貴重な財源収入となっています。

もともと旅好きであったとはいえ、バブル期のテレビ局支社長から畑違いへの転職。その理由を聞くと、こう明るく答えるジェフさん。

「なんといっても、生まれ育ったポートランドへの郷土愛。そして、毎日ワクワクしながら過ごしていた日本への愛着の両方ですね。そして何より、業務内容が幅広く、創造性を大切にするという点。身体は日本から離れたけれども、ポートランドを日本に紹介すること。これだ!って感じたんです。」

そこから、2020年まで21年間の激務。その期間、柔軟性と想像力を駆使して、クリエイティブなアイディアを次から次へと繰り広げていきます。

2018 JTE Dude with Crew.JPGジェフさん(一番左)とポートランド観光協会オリジナルのマスコット。名前は、Portlandの文字を逆にした "Odnarotoop" 。こんな遊び心も、ポートランドスタイルが。(2018年の日本トラベルEXPOにて) Photo | Travel Portland

| ポートランドスタイル = ありのままを受け入れてくれる町

実に多くの日本の観光客やメディアに、『ポートランドスタイル』を紹介し続けてきた年月。ところで、この独特の町のスタイルは、 いつ頃から始まったのでしょうか。 そのスタイルの特徴を聞くと、ちょっと考えながら、こう切り出してくれました。

「人それぞれが思い描くポートランドスタイル、というのはあるよね。そして、発行されている多くの書籍の影響から、日本人が思い描いている『ヘッポコでカッコいい、ポートランドスタイル』があるのも確か。

同時に、僕が考えるポートランドスタイル。それは、大きく分けて3つあるんだ。

まずは何て言っても、『各個人が自分に見合ったファッション・生活スタイルを自由に持つ』こと。外見的なファッションとしてあげると、キリがないんだけど。ニットのビーニー帽、ヒゲ、ジーンズ、キャップ、オーバーオール、サスペンダー、チェックのネルシャツ、フープスカート、蛍光色のニーハイストッキングなど。そして、性別にこだわらない自由なファッション、だれが何を着てもいいんだ。そして、足元はスニーカー。ハイファッションとは、真逆な装いともいえるよね。

この町では何でもありなんだ。それは、1960年代からずっと変わらない。ちょっとだらしがないと思われるようなことも、時にはOK。だって、ダウンタウンにいるビジネスマンだって、ネクタイは無し。スポーツアウターをシャツの上に、さっと羽織るだけだよ。

そして、2つ目は、『自分自身に正直になることそして自分を正直に見せていく』こと。そういう人のことを、ポートランドの人たちは尊重(リスペクト)しているんだ。

『ありのままの自分を受け入れてくれる町』。だから、自分の基準や思考と違う人とでも、実際に交流して仲良くなるチャンスが他の大都市よりも多い。そんな文化や土地柄があるからこそ、海外からの見知らぬ人を温かく受け入れてくれる。そういう心の広さがあるんだと思う。

そして3つ目は、『意図的に造り上げられたものは苦手』ということ。

自然との共存生活。人々は、そういうライフスタイルを好んでいる。エコロジー意識、地産地消、オーガニック、自転車文化、アート、音楽、クリエイティブな文化。基本は、自分が自由に選択できるオルタナティブなライフスタイル。ポートランドの町と住人は、嘘っぽいモノ・コト・人が苦手だからね。

とはいえ、ポートランドは理想郷でもない。実際オレゴン州には、憲法に定められていた人種差別政策が近年までもあった。ジェントリフィケーション、地域の無理な再開発。今でも、あからさまな人種的差別という事実もあるのが現実だしね。」

こういう町の現実と事実があるということを基本に、クライエントには正直に長年説明をしてきたと言います。町の歴史的背景の欠点、そして現在の町の状況。ブームだった時の上澄みだけを伝えるっていうのは、あまりにも誠意がなさすぎると話します。

コロナ禍で、刻一刻と変化を遂げるこの町。では、人々は具体的になにを求めてポートランドを訪れるのでしょうか。

次ページ アメリカで注目をされ始めている『IKIGAI・生きがい』? そしてこれからのサービス産業へのヒントとは?

Powell's Headshot.JPG
ポートランドのランドマークのひとつ、パウエル・ブックストア。100万冊以上の本が、新本と古本が隣どうしに並んでいる。消費者が、自分の予算や考えにあった形で本を選べる。こんな概念もポートランドスタイル。 Photo | Naim Hasan, Travel Portland

Profile

著者プロフィール
山本彌生

企画プロジェクト&視察コーディネーション会社PDX COORDINATOR代表。東京都出身。米国留学後、外資系証券会社等を経てNYと東京にNPOを設立。2002年に当社起業。メディア・ビジネス・行政・学術・通訳の5分野を循環させる「独自のビジネスモデル」を構築。ビジネスを超えた "持続可能な" 関係作りに重きを置いている。日系メディア上のポートランド撮影は当社制作が多く、また業務提携先は多岐にわたる。

Facebook:Yayoi O. Yamamoto

Instagram:PDX_Coordinator

協働著作『プレイス・ブランディング』(有斐閣)

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ