World Voice

powerd_by_nw

南米街角クラブ

島田愛加|ブラジル/ペルー

早世した国民的歌手Elis Reginaから受け継がれるものとは

トレードマークのショートカットは最初の夫Bôscoliのアドバイスだった (photo by VejaRio)

3月25日、1日あたりの新型コロナウイルス新規感染者が10万人を超えたブラジル。
確かにブラジルは世界五位の人口、面積は日本の23倍にあたるが、この10万人と言う数字は昨年のピーク時の約2倍にあたりその状況の悪さを身に染みて実感している。
各州や市ごとに設置されている対策も、国のトップである大統領が経済優先をするために一筋縄ではいかない。 殆どの州でICUが満床、医療崩壊という危機的状況にも関わらず、政治的背景により救えたはずであろう命まで失っている現状に市民の怒りも限界に達した。パンデミックから1年経った今、ようやく大統領は人命優先と言い換えた。

南米最大の都市であるサンパウロ市では、公共交通機関の混雑緩和などを考慮し休日を前倒しした10連休を発表。
"連休"と聞くと旅行に行きたくなるブラジル人の心理は、海岸沿いの町のロックダウン宣言により打ち砕かれた。中途半端だった行政も本格的に動き出したようだ。

|ブラジル音楽の大御所達もワクチン接種

20210324190603721740u.jpg

ドライブスルー式のワクチン接種を受けるMilton Nascimento (photo by Instagaram @miltonbitucanascimento)

感染者は減らないがワクチン接種は急ピッチで進められ、サンパウロ州では26日、69歳から71歳対象のワクチン接種を前倒で開始した。 ソーシャルメディアではブラジルの統一医療システムを称賛する#vivaosusとハッシュタグをつけて接種する様子をアップする有名人も多い。
世界的にも有名なMilton Nascimento、Chico Buarqueや、トロピカリア勢のCaetano Veloso、Gilberto Gil、Gal Costa、Maria Bethânia、Rita Lee、そして長年の音楽パートナーであるAldir Blancを新型コロナウイルスにて失ったJoão Boscoも接種を行った。
彼らは60年代のテレビの普及と共にブラジルにおいて一つの重要音楽文化となったMPB(ムジカポピュラーブラジレイラ)と呼ばれるシーンの第一線で活躍した音楽家たちだ。シルバー世代となった今でもショーを続け、パンデミックになってからはソーシャルメディアで元気な姿を見せている。
このブラジル音楽黄金期とも言える60~70年代に、最も輝いたと言っても過言ではない歌手がいる。
彼女はもし生きていたなら3月17日に76歳の誕生日を迎え、彼らと同じようにワクチンの接種を受けていただろう。

|国民的歌手 Elis Reginaの誕生

1945年、Elis Reginaはブラジル南部リオグランデ・ド・スルのポルトアレグレに生まれた。
その頃の家庭のリビングではラジオ流れており、ラジオ局には多くの専属音楽家や作曲家が所属していた。歌うことが大好きなElisは、11歳の頃母親にお願いして地元のラジオ番組の子供向けオーディションに連れて行ってもらう。
歌が上手いと評判だったが実は内気だった彼女は、緊張のあまり鼻血を出し、思うように歌えなかった。それでも彼女は諦めず、練習を重ねて翌年オーデイションに再参加。そこで大絶賛を浴び、報酬代わりのチョコレートを貰いながら同番組で歌い続けた。
13歳で地元のラジオ局と初めてプロ契約、あっという間に州内で一番人気の歌手になった。
ラジオ局以外にもバイリと呼ばれるダンスパーティーで夜通し歌いながら、昼間は学校に通うという多忙な生活をして収入の少なかった家族を支えた。学校を辞めなかったのは、母親がElisには将来教師になって、結婚して、子供を儲けて家庭に入ってほしいと望んでいたからだった。この時代、ダンスパーティーやバールで演奏する音楽家は世間でVagabundo(放浪者や怠惰な生活をする者)、更に女性の場合はPuta(売春婦)と呼ばれる程であった。こういった偏見は残念ながら現在でも多少残っている。

|テレビの普及とElisの活躍

地元の音楽仲間と録音した音源を聴いたプロデューサーにより「ブラジル一の歌手になる」と見出され、リオデジャネイロとサンパウロに拠点を移したElisは、テレビの普及により盛り上がった歌謡音楽祭にて若手音楽家Edu Loboが作曲したArrastãoを歌い見事一位に入賞し注目を集めた。
それでもまだ家族全員を呼べるほどの余裕はなく父と一緒に小さなアパートに暮らしていたが、Elisに惚れ込んだプロデューサーの計らいで契約した音楽番組で得た莫大な報酬でマンションを一括購入、服や靴も大量に買い占めた。故郷を離れて1年、まだ20歳のことだった。
この頃には自身のアルバムの選曲を任せてもらえるようになり、名前も知られていない若い音楽家の曲をみつけてきては録音し、彼らの名前を広めていった。Miltonの曲を最初に録音したのもElisだったし、Elisが特に気に入っていたJoão BoscoとAldirの作品も、深い解釈と斬新なアイディアで本人たちを驚かせた。
Elisが与えた影響というのは、歌やパフォーマンスだけではない。こうした若手音楽家の発掘も亡くなるまで続いた。

|「過去よりも今やっていることに意味がある」

elis.png

数ヶ月の訓練を経て作り上げたショーFalso Brilhanteはサンパウロだけで257公演、約28万人を動員した (Youtubeよりキャプチャ)

小柄な体格にショートカット、タイツ姿で腕を振りまして歌う姿、何よりその生命力溢れた声から、彼女はこれまでの女性歌手のイメージを破壊し、ボサノヴァのミューズNara Leãoとも全く違う位置にいた。
有名になってからも、「見ごたえのあるショーがしたい!」と自ら音楽家、ダンサーを集めて数ヶ月郊外に籠って新しいスタイルのショーを確立したり、長い間ブラジルでの活動がなかったAntônio Carlos Jobim(当時アメリカ合衆国在住)と録音したり、世界的ジャズフェスティバルに出演したりと、過去の栄光に浸らず、休むことなく歌い続けた。
競争心やプレッシャー、多忙な日々、瞬間湯沸かしのように短気だという悪いイメージに悩まされ、どこに行っても問題を起こすようになる。歯茎をむき出しにして見せる笑顔の奥で孤独と闘い、心を許せる人の前では一晩中泣いたりしていたこともあったそうだ。

Profile

著者プロフィール
島田愛加

音楽家。ボサノヴァに心奪われ2014年よりサンパウロ州在住。同州立タトゥイ音楽院ブラジル音楽/Jazz科卒業。在学中に出会った南米各国からの留学生の影響で、今ではすっかり南米の虜に。ブラジルを中心に街角で起こっている出来事をありのままにお伝えします。2020年1月から11月までプロジェクトのためペルー共和国の首都リマに滞在。

Webサイト:http://www.aikashimada.com

Twitter: @aika_shimada

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ