World Voice

powerd_by_nw

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

高くなったハードルを越えて2年半ぶりの里帰り

近くに滞在していたので何度も見ることができた歌舞伎座。新しく建て替えられた今も東京にいることを実感させてくれる建物のひとつだ。外観を見るだけで、華やかな舞台を思い出してわくわくしてしまう。今回は納涼歌舞伎のポスターを眺めただけだったけれど、久しぶりにまた観劇してみたい。筆者撮影

 6月半ばから7月初めまで、日本に一時帰国していた。コロナが始まってから初めてで、2年半ぶりの里帰りだ。久しぶりの日本を堪能したけれど、実は今はコロナ禍や戦争で旅行の規制が多く、日本行きのハードルは高くなっている。あれやこれやをクリアして日本に着いた時には心からほっとしたのだった。

 ハードルのひとつは、日本の水際対策だ。初期よりもずいぶん緩和されたし、ウェブ手続き(ファストトラック)が登場してからずいぶん楽になっているとはいえ、入国するにはワクチン証明とコロナの陰性証明が必要になる。英国の場合、ワクチン証明はNHS(国民保健サービス)のサイトから簡単に取れるのでいいとして、搭乗の72時間以内にPCR検査が必要だ。今はあまりこだわらないようだけれど、日本独自の様式しか受け付けなかった時には、対応する検査場を探す手間もあった。検査は有料だし、ここで陽性になったらもちろん飛行機に乗ることができない。だから直前までどきどき待つことになる(ちなみに現在、ヨーロッパ間の移動にPCR検査は不要、日本から英国への入国にも不要だ)。

里帰り - 1.jpeg

ファストトラックで入国するために推奨されているMy SOSというアプリの画面。このアプリに渡航情報、ワクチン証明、コロナの陰性証明(他と少し違う日本の様式に対応している検査場を探す必要あり)、誓約書を登録する。全てクリアすると赤かった画面が写真のように青くなるので、空港でこの画面を見せ、青い紙を受け取り、QRコードを読み取ってもらって、やっと入国できる。これを使ったおかげで、わたしは飛行機を降りてから入国審査に着くまで30分ぐらいで済んだ。筆者撮影

 海外から里帰りする日本人には外国人のご家族をお持ちの方が多いけれど、今は日本人以外は自由に入国することはできない。ふだんなら6か月以内の滞在ならビザ不要の英国人でも、ビザを取ることになる。日本の家族を訪問するという理由があってもだ。

 そして家族ビザには日本人の戸籍を日本から取り寄せることが必要だ。オンライン申請できる自治体もあるようだけれど、わたしの町ではまだ対応していなかった。そうすると戸籍を取るのもそれを送ってもらうのも、日本のご家族に頼ることになるけれど、そうできない事情もあるかもしれない。しかもウクライナ侵攻で貨物輸送が不安定になり、今年3月以降、日本から英国への航空便は郵便で送れなくなったので、話はよけいにややこしかった(この記事の時点では、封書とEMS(国際スピード郵便)は送れる。そして郵便で送れなかった時も割高の国際宅配便は使えた)。

 さらに今は空の旅自体も不安定だ。まずは空港。今年の春あたりから、ヨーロッパ各地の空港が混乱している。コロナ禍で空港のスタッフを大幅に減らした後、規制が緩和されて一気に旅行者が増えたのに、雇用が追いつかなくて深刻な人手不足になっているのだ。わたしが英国を出た6月半ばはまだそれほどでもなかったけれど、それでもうわさを聞いていたので空港に早めに行ってみた。するとセキュリティーチェックに向かう列はいつもよりずっと長くて、検査するまでに1時間以上並ぶことになった。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

あなたにおすすめ

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ