コラム

八ヶ岳山麓、諸星大二郎『暗黒神話』の地で縄文と諏訪信仰に触れる

2020年02月26日(水)15時00分

◆諸星大二郎『暗黒神話』と尖石遺跡

7R403753.jpg

大規模な縄文集落があった尖石遺跡

漫画家・諸星大二郎の代表作『暗黒神話』をご存知だろうか。神話やSF好きの漫画ファンにカルト的な人気を誇る縄文ファンタジーの傑作である。ヤマトタケルの生まれ変わりである少年の旅を通じ、神話時代と縄文文化の謎を紐解きながら、日本人のルーツと哲学を探求する物語である。

その主人公の旅の起点となるのが、尖石遺跡とその一角にある茅野市尖石縄文考古館である。諏訪地域で出土した縄文遺物を展示する考古館では、『暗黒神話』のキーワードの一つになっている縄文人が神聖視していた蛇をかたどった取手のある『蛇体把手付土器』や、教科書などでおなじみの女性型の土偶『縄文のビーナス』と『仮面の女神』が展示されている。考古館の周囲には大規模な縄文集落跡が広がり、公園になっているが、その一角にある『尖石』は、当時の人々の自然信仰を象徴する宗教遺物である。

ただし、今に伝わる尖石の姿は、一見「巨石」とは言い難い。しかし、諸星大二郎は、この地を訪れたことが、『暗黒神話』執筆の原動力になったと語っている。<巨石というから、石舞台のようなものを期待していたのだが、行ってみると1メートル四方ほどの小さな石が、柵に囲まれてちょこんと地面から出ていたので、すいぶんがっかりした記憶がある。しかし、『地中に埋まっている部分の大きさは不明』と傍らの説明文にあったので、勝手にこの足元には何十メートルもの巨石が埋まっているものと想像することにした。その想像が後に蛇体把手付土器と結びついて、(中略)最終的に『暗黒神話』という作品になったのだった。>(諸星大二郎「尖石の思い出」・太陽の地図帖 諸星大二郎 『暗黒神話』と古代史の旅 より)

RX601171.jpg

茅野市尖石考古館に展示されている蛇体把手付土器の一つ

RX601200.jpg

「縄文のビーナス」(左)と「仮面の女神」

7R403760.jpg

縄文時代から信仰されていた「尖石」

◆霊山・蓼科山を見ながら自宅へ

7R403397.jpg

霊山にふさわしい蓼科山の姿

北八ヶ岳の蓼科山は、八ヶ岳のライバルであった富士山のようなきれいな円錐形の山である。八ヶ岳の峰々の連なりの北端に位置し、尖石遺跡から自宅のある白樺湖・車山方面に向かうにつれ、その姿が近づいてくる。

『暗黒神話』には、蓼科山の人穴(洞窟)に、諏訪大社が祀る「タケミナカタの神」が封印されているというエピソードがある。諏訪の龍蛇信仰と結びついた「甲賀三郎伝説」と関連付けられて語られているが、物語では、蛇体把手付土器から連想される八ヶ岳の縄文文化と諏訪信仰が、ここで見事にリンクする。霊山にふさわしい蓼科山の神秘的な山容は、そうしたファンタジックな連想を「さもありなん」と思わせるのに十分である。

尖石の原っぱから現代の集落がある谷底に一旦下り、前方に霧ヶ峰高原・車山を見ながら国道を白樺湖方面に上がっていくと、我が家がある別荘地である。今回はこれまでで最長距離の長丁場となったが、ふだん車で甲州街道をひた走って5、6時間かけて東京から帰ってくる道を「歩いてきたのだ」と思うと感慨もひとしおである。

我が家がある別荘地の敷地に入ると、愛犬が迎えにきていた。これ以上にほっとする光景はない。ちなみに、移住者ばかりのこの別荘地内にも、御柱が立つ諏訪神社(山ノ神)がある。そこで、これまでの旅の報告とこの先の後半の安全を祈願。ここまで、合計297.5kmを16回に分けて歩いてきた。次回は、僕自身の移住生活を少しおさらいしながら、別荘地の上の霧ヶ峰高原を経て、諏訪大社を目指して山を下りる。

7R403960.jpg

自宅がある別荘地に着くと、愛犬が迎えに来ていた

7R403964.jpg

別荘地内の「山ノ神」。ここにも御柱が立つ

map3.jpg

今回歩いたコース:YAMAP活動日記

今回の行程:富士見高原スキー場→白樺高原(https://yamap.com/activities/5297353)※リンク先に沿道で撮影した全写真・詳細地図あり
・歩行距離=28km
・歩行時間=10時間9分
・上り/下り=659m/599m

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

ニュース速報

ビジネス

英ネット衣料販売大手、デベナムズやトップショップの

ワールド

北朝鮮の元クウェート大使代理、昨年9月に脱北=韓国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想以上の悪化 景気停滞へ

ビジネス

日本電産、営業利益予想を上方修正 巣ごもりで高付加

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 10

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!