コラム

コロナ危機でも日本人が求める「安心、安全、安定」

2020年04月02日(木)17時10分
西村カリン(ジャーナリスト)
コロナ危機でも日本人が求める「安心、安全、安定」

EDGARD GARRIDO-REUTERS

<3月16日、マクロン仏大統領は20分間の演説で6回も「戦争中」と言った。フランスの政治家は強い言葉を使い、日本の政治家がそうしない理由とは>

2月から、ほぼ全世界で新型コロナウイルス感染症が流行している。同時にこの新しい病気についての情報が幅広く報道されている。ただ、いくつかの言語が読める人は混乱するだろう。危険性の認識に関して、温度差があるからだ。

東京で暮らしている私は、周りの状況だけ見れば、それほど心配にならない。今までほぼ普通に過ごしていて、特に変わったことはない。最も困ったのは、学校の一斉休校だ。音楽教室もしばらくお休み。長男は勉強より遊ぶ時間が長くなり、子供の精神に影響はないのかと心配になった。それに保育園と学童保育は普通に子供を預かっていた。こんな中途半端な措置は意味があったのか。正直言って疑問だ。

日本での感染者の数を調べたら、比較的少ない。増えてはいるが、爆発的に増えてはいない。退院した人も多く、死亡率も低い。医療機関がパンク状態にはなっていない。安倍晋三首相の3月14日の記者会見の冒頭発言は、国民を安心させる内容が多かった。海外のニュースや他国の首脳の演説を見ない限り、新型コロナウイルスは大した問題ではないと人々は結論してしまう。

日本の感染者が例外的に少ないのは、仮説にすぎないが、ある程度、政府が取った措置が効いているからだ。日本人はフランス人やイタリア人などと比べて他人の体をあまり触らない、キスや握手をしない、以前から手洗いやマスク着用の習慣がある、交通機関ではあまりしゃべらないし携帯電話での通話もしない、といったことも理由だろう。ただ、感染の有無を調べるPCR検査を幅広く実施していないので、無症状の隠れ感染者がいる可能性は否定できない。

自分の国であるフランスやイタリアの状況について、ニュースを見ると怖くなる。フランスは3月17日から数週間、全国で外出禁止。いつまでこの厳しい措置が続くかは分からないが、人の姿がないパリや他の街の映像を見ると泣きそうな気分だ。3月16日にテレビで放送されたエマニュエル・マクロン大統領の演説を聞くとさらに恐怖。20分間の演説で大統領は6回も「戦争中」と言った。

なぜフランスの政治家は今回、「戦争」や戦争の時によく使われる言葉を使うのか?そうしないと誰も政府の言うことを聞かないからだ。フランス人は個人主義者で、自分で判断して行動しがち。最初の頃、マクロンはもっと普通の言葉を使っていたが、結果的に誰も政府の勧告に従わなかった。本人もショックを受けて、いかに深刻な状況であるかを示すために、もっと強い言葉を使わないといけないという結論に達した。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ワールド

欧州の航空需要見通しが再び悪化、規制強化で夏の旅行

ワールド

米政権、連邦所有地の石油・ガス鉱区の新規リース停止

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減と中国コロナ感染者減で

ワールド

世界の新型コロナ感染者、1億人突破 人口の1.3%

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 3

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きていることは日本でも起きている

  • 4

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 7

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 8

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 9

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 10

    ガンジス川に沈んだ廃プラ回収事業 年間目標450トン…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!