最新記事
WNBA

批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

LeBron James Slams Caitlin Clark Haters, Compares Her Journey to His Own

2024年5月24日(金)08時30分
ノア・カムラス
ケイトリン・クラーク

アトランタ・ドリームとのプレシーズンマッチに出場したインディアナ・フィーバーのケイトリン・クラーク(5月9日、インディアナポリス) Grace Hollars-USA TODAY Sports via Reuters Connect

<WNBA大物ルーキーのケイトリン・クラークを支持するレブロン・ジェームズ。その言葉には経験者だからこその重みが>

レブロン・ジェームズがケイトリン・クラークに共感を寄せている。

【写真】【動画】ドラフトに「全身プラダ」で登場したケイトリン...過去にはCMでASMRも

2024年のWNBAドラフトで全体1位使命を受けたクラークは、女子バスケットボールに対する人々の見方を一人で一変させ、スポットライトを浴びている。

 

クラークはWNBAでまだ5試合しか出場していないが、彼女がもたらした視聴率や人気はこれまでのリーグでは見られなかったものだ。クラークがこのスポーツにもたらした影響については誰もが称賛すべきところだが、彼女は膨大な量の批判も受けている。

ジェームズはこの事態を嘆いている。JJ・レディックと自身のポッドキャスト番組「マインド・ザ・ゲーム」で、ジェームズはクラークに向けられる不敬について多くを語った。

「彼女がこのスポーツにもたらしているもので僕が気に入っているのは、もっとたくさんの人が(プレーや試合を)観たくなり、より多くの人がチャンネルを合わせたくなっているということだ」とジェームズは述べる。

「誤解しないでほしい。ケイトリン・クラークのおかげで、これからWNBAにはたくさんの素晴らしいことが起こるだろう。でも彼女自身としては、言われていることに巻き込まれるべきではない。ただ突き進んで、楽しんでほしい」

ジェームズには現在19歳の息子がいる。彼はNBAを目指しており、ブロニー・ジェームズはこの過程で批判の的となっている。ジェームズは息子に向けられる注目とWNBAのスターに向けられるそれに多くの共通点を感じているようだ。

「今の私はちょうどこの状態なんだ。息子が19歳で夢を追いかけているだけなのに、たくさんの敵意と憎しみを向けられているのを見ているから」とジェームズは語る。「プロスポーツでプレーするという夢を実現できる人間は本当に少数だ。なのに、いい年した大人たちがそれを阻止しようと何でもする。本当に奇妙なことだけどそういうものなんだ。ケイトリンがとても賢い選手であることを嬉しく思う」

クラークは批判に屈せず最初の5試合で素晴らしい成績を収めている。22歳の彼女は1試合平均17.8得点、4.6リバウンド、5.8アシストを記録し、すでにファンにとって印象的な瞬間をいくつも提供している。(※日本版編集部にて最新の試合の記録を反映しています)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中