最新記事
アメリカ

犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

Dog on Meth Who Can't Stop Shaking After Being Abandoned by Owners Rescued

2024年4月12日(金)18時02分
リズ・オコネル
捨て犬に覚せい剤が打たれていた

Studio-Annika/iStock

<カリフォルニア州の空き家で異常な様子の捨て犬を発見。毒物や薬物を摂取した動物を発見するのは珍しいことではないという>

米カリフォルニア州で、飼い主に捨てられた犬を動物管理当局が保護したところ、覚醒剤を摂取していたことがわかった。発見時の様子は当局によって撮影されていたが、捨て犬は激しく震えたり、よろける様子を見せるなど、明らかに異常な状態であることが映像からも見て取れる。

■【動画】「最悪の飼い主」「怖かっただろう」 覚せい剤を打たれ捨てられた犬を保護...怒りを呼んだ「異常な様子」動画

4月上旬、不動産業者が空き住居を訪れたところ、犬4匹と猫6匹が置き去りにされているのを発見し、フレズノ郡動物管理局に通報した。動物管理チームは、飼い主にすぐに連絡するよう求める通知をこの家に残したが、連絡はなく、飼い主に連絡する手段もなかったため、2日後に犬と猫を保護した。

さらに調査したところ、1匹の犬が「激しく震えている」ことに気づいた。チームメンバーのブリアナ・ビギンによると、他の犬も震えていたため、彼女と彼女のパートナーは当初、寒さと雨が原因だと考えたという。

「しかし、その犬が立ち上がろうとすると震えが激しくなったので、何らかの毒物を摂取した可能性があると考えた」とビギンは本誌に語った。

ビギンらは敷地内を調べたが、がれきやゴミしか見つけることができなかった。彼らが毒物や薬物を摂取した動物を発見するのは珍しくはないが、原因を特定できなかったため、犬は救急動物病院に運ばれた。そこで、強力な覚醒剤であるメタンフェタミンを摂取していたことがわかった。

ビギンはこの不運な犬についてTikTokに投稿し、「このかわいいオスの犬は現在、必要な治療を受けている」と記した。

幸いにも、この犬にはハッピーエンドが待っていた。「震えは完全に治まり、施設で隔離され、回復に向かっている」とビギンは言う。「点滴治療と鎮静剤の投与で震えを抑え、苦痛を取り除いた」

飼い主に非難の嵐「カルマを覚悟しろ」

他の犬にはこうした症状は見られず、チームが把握している限り、薬物を摂取したのは1匹だけだった。他の3匹の犬はフレズノ郡アニマルサービスのシェルターで里親を募集中で、猫は来週には里親募集が開始される予定だ。動物たちは呼吸器の感染症を患っていたが、回復しつつあるとビギンは説明した。

この犬の動画は、多くのユーザーの涙を誘った。動画は本記事の公開時点で190万回以上再生され、コメントは2089件集まっている。

「あのかわいそうな犬は、お腹が空いていたんだろう。どれほど怖がり、混乱していたか。助けてくれてありがとう」「これまでにない怒りを覚えた」「心が打ちのめされた。この子たちを救ってくれてありがとう。飼い主はカルマを覚悟したほうがいい」

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発で寄り付く、エヌビディア決算受け半導

ビジネス

米オープンAI、ニューズ・コープとコンテンツ契約

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中