最新記事
中ロ関係

中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略がプーチンを窮地に追い込む

China's Quiet Push Into Russia's Far East Puts Putin in a Pickle

2024年4月3日(水)16時58分
マイカ・マッカートニー

ウクライナ侵攻で西側から経済制裁を受け、銀行の国際決済網SWIFT(スイフト)から排除されているロシア経済を戦時需要とともに支えているのは、中国との貿易だ。

おかげでロシアは最も悲観的な経済予測を覆すことができたのだが、一方で人民元への依存度を高めることになった。

ロシア経済省によると、2023年上半期、ロシアは中国との貿易高の4分の3、その他の国との取引の4分の1を人民元で決済したという。

ブルームバーグの報道によると、ロシアの中央銀行は3月29日に発表した年次報告書の中で、外貨準備に関して、人民元に代わる良い選択肢がないと述べたという。

「他の通貨の為替レートは非常に不安定で、流動性が低い。そして、発行国の多くでは資本の移動に制限をもうけている。それが使用するうえでの障害となっている」と報告書は述べている。

スンによれば、人民元を取引に使うことの利点は大きかった。ロシアは制裁の影響を緩和し、スイフト決済システムに代わる決済システムが利用できるようになったのだ。だが「準備通貨は別問題だ」。

ロシアは従属的な立場に

「二国間の経済活動のレベルを考えれば、ロシアが外貨準備に人民元を増やすのは当然だと言うこともできるだろう。だが、中国の資本規制や人為的な為替レート操作など、多くの現実的な問題もある」と、スンは言う。「人民元は決して最も魅力的な準備通貨とはいえないが、ロシアには他に選択肢がない」

ロシアが人民元に依存すれば、中ロ間に外交的緊張や貿易摩擦が生じた場合、「従属的なパートナー」であるプーチンは窮地に立たされ、中国が直面する経済的課題の悪影響を受けることになる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国業界、EU産輸入豚肉の反ダンピング調査要請へ=

ビジネス

インタビュー:赤字の中国事業「着実に利益を上げる形

ワールド

米テキサス州の電力消費、5月の最高記録を再度更新 

ワールド

ロ支配下ルガンスクで2回の夜間攻撃、ウクライナ側は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 5

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 6

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 9

    台湾を威嚇する中国になぜかべったり、国民党は共産…

  • 10

    トランプ&米共和党、「捕まえて殺す」流儀への謎の執…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中