最新記事
ペット

きょうだい猫のカオスな日常に1匹がマジギレ...おねむ猫の不機嫌な表情がやばすぎる

Sleepy Cat Gives Death Stare to Loud Sibling: 'If Looks Could Kill'

2024年3月1日(金)16時00分
アリス・ギブス
(写真はイメージです) tickcharoen04-Shutterstock

(写真はイメージです) tickcharoen04-Shutterstock

<やかましいきょうだい猫に対する1匹の猫の反応がネットで話題沸騰>

1匹の猫がやかましく遊ぶきょうだいに対して見せた反応が爆笑を誘っている。

【動画】きょうだい猫のカオスな日常に1匹がマジギレ...おねむ猫の不機嫌な表情がやばすぎる

カナダに住むアマンダ・アラジはグッチー、リンド、プリンスの3匹の猫と暮らす飼い主。今回の動画は、回し車で遊ぶリンドに対するグッチーの反応をとらえた。

寝所に収まったグッチーは、あからさまに不機嫌そうな表情を見せている。一方のベンガル猫のリンドは、楽し気に回し車の上を歩きながら大きな鳴き声を立てていた。

「回し車で歩きながらのミャーミャーはいつものこと。普段のグッチーは気にしない様子だけれど、あの最中に不機嫌な顔をしたことがあったので、共有することにした。ちょっと面白いと思って」とアラジは本誌に語った。

動画はTikTokで5万4000回再生されている。猫好きたちはグッチーの不機嫌な表情に大喜び。「きょうだいの不慮の死をたくらんでいる。それが家族というものだ」という冗談のコメントもあった。

寝ようとしているグッチーが「文字通りの横目」で冷ややかな視線を送っていると面白がるユーザーや、「にらんで殺せたら」と反応したユーザーもいる。

別の飼い主によれば、猫が回し車で遊びながらやかましく鳴く反応は、それほど珍しくないという。「私のベンガル猫の1匹は、真夜中過ぎに回し車で歩きながら叫ぶのはいい考えだと思い付いた。(それが)何カ月も続いて、私は夜中に取り崩さなければならなかった」

回し車は、特にベンガルのようなエネルギッシュな種に関して、猫の生活を豊かにする道具として人気が高い。

猫が回し車で運動すればカロリーを燃焼でき、筋肉が付いて心の刺激にもなる。定期的に運動することで代謝の促進、関節の健康増進、家具をひっかくなど好ましくない行動の減少といった効果が期待できる。

グッチーの同居猫に対する反応が注目の的になったのは今回が初めてではない。昨年は、飼い主が新しい猫のプリンスを家に連れてきた時の反応が笑いを巻き起こした。

こちらの動画では戸棚の中のグッチーが新しい家族に対してシャーシャー言いながら唸り声を上げている。幸いなことに、最近では2匹は仲良しになり、グッチーが新入りに温かく接している。

(翻訳:鈴木聖子)

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カタール、ガザ交渉の仲介役見直し 政治的悪用に懸念

ワールド

G7外相、中東・ウクライナ情勢議論 イスラエル報復

ビジネス

訂正-焦点:低迷する中国人民元、企業のドル積み上げ

ビジネス

FRBのバランスシート縮小、25年まで続く公算=N
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 3

    【画像・動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 9

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 10

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中