最新記事
注目ニュースを動画で解説

「ガザにいない幹部を殺害せよ」とモサドに命令...ハマス一掃作戦の舞台になるのはどの国?【アニメで解説】

2024年2月20日(火)12時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ネタニヤフ

Newsweek Japan-YouTube

<異国の地に踏み込んでもハマスを一掃したいネタニヤフ首相が直面する難題とは? 厄介な中東の地政学について解説したアニメーション動画の内容を一部紹介する>

2023年11月下旬、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は「ハマスの幹部がどこにいようと殺すようモサドに命じた」と記者団に語った。

各国に散った幹部をどこまでも追いかけるというこの目標を達成するのは容易なことではない。暗殺作戦の舞台となるのはどの国か──。

本記事では、本誌YouTubeチャンネルの動画「「ガザにいない幹部を殺害せよ」とモサドに命令...ハマス一掃作戦の舞台になるのはどの国?【アニメで解説】」の内容をダイジェスト的に紹介する。

 
◇ ◇ ◇

ネタニヤフが意思を明確にして以降、イスラエル政府関係者からもより具体的な発言が飛び出すようになった。

国内治安機関シンベトのロネン・バー長官は「カタールとトルコにいるハマス幹部を暗殺する」と明言。ジョナサン・コンリカス元イスラエル軍報道官は、「(ハマス幹部は)全員、死刑囚も同然だ」と語った。

nwyt0220_3.jpg

レバノンやシリアといった、政治情勢が不安定で、戦争で荒廃した国なら、秘密工作や暗殺工作を実行するのはさほど難しくない。しかし、軍事大国のトルコやエネルギー大国のカタールでは、そうはいかない。

実際、トルコ当局は1月初めにモサドの協力者と疑われる30人以上の身柄を拘束した。関係者によると、彼らはトルコにいる外国人(ハマスとつながっているパレスチナ人)を特定・監視し、最終的には誘拐しようとしていたという。

nwyt0220_5.jpg

2003年に現大統領のレジェップ・タイップ・エルドアンが首相(当時)に就任して以来、トルコは一貫してハマスを支援してきた。ムスリム同胞団の世界観を共有していることが、理由の一つとして挙げられる。

イスラエルは、トルコのこうした敏感な部分を認識しているため、エルドアンがハマス幹部を大量に受け入れたりでもしない限り、トルコ領内での暗殺は控えるとみられている。

nwyt0220_7.jpg

一方、カタールでは幹部暗殺をずっと前向きに考えやすい。

「カタールはハマスに資金を提供していた。イスラエルが把握している以上の金額を送っていたと信じるに足る証拠がある」と、イスラエルの元情報将校であるエラン・レルマンは語る。ガザへの送金は困窮する市民を助けるだけでなく、ハマスを支援するために使われてきたと、イスラエル当局は考えている。

カタール政府は、ハマスとの間に正式な連絡ルートがあることはプラスになると言い張っている。

nwyt0220_9.jpg

カギは戦後のガザの扱いだと、イスラエルの元情報機関職員であるシュムエル・バーは語る。イスラエル政府がガザから軍を撤退させて、「再生した」パレスチナ自治政府に統治権を移譲するなら、より自由にハマス幹部を追及できるようになるという。

nwyt0220_11.jpg

■より詳しい内容については動画をご覧ください。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中