最新記事
ロシア軍

年代物にもほどがある!ロシア軍の骨董さながらの装備写真に愛国者が激怒

Russians Fume over 19th-Century Machine Guns, WW1 Rifles in Ukraine

2024年2月7日(水)18時15分
エリー・クック
バンパイア攻撃ドローンを飛ばそうとするウクライナ兵

バンパイア攻撃ドローンを飛ばそうとするウクライナ兵。武器や弾薬ではウクライナもまた不足に苦しんでいる(2月2日、ザポリージャ) (Photo by Dmytro Smolienko/Ukrinform/Sipa USA)

<19世紀の機関銃や第一次大戦時のライフルなど、ロシア軍は骨董並みに古い武器を博物館から引っ張り出してウクライナの戦闘に使い始めた>

ウクライナ侵攻開始からほぼ2年、ロシア軍とウクライナ軍の攻防は兵器の消耗戦と化すなか、ロシア軍は骨董品並みの古い兵器を投入している、とロシアの有力な軍事評論家は言う。

■遂に帝政ロシアまでタイムスリップしたロシア軍の惨めな装備品

ウクライナが西側同盟国に武器や弾薬の追加供与を求め続ける一方、戦争を積極的に支援するロシア人たちは、ロシア軍にもウクライナと同レベルの武器や弾薬を調達すべきだと呼びかけており、その声は日毎に大きくなっている。

 

帝政ロシア時代の重機関銃や「第一次世界大戦当時のライフル銃」の画像は、ウクライナ侵攻を支持するロシア人の間に反発を引き起こした。その多くは親プーチン派で、来たる大統領選挙でもプーチン支持層の中核を形成している。

クリミア侵攻当時から10年ウクライナで戦ってきたと主張する親ロシア派の兵士や軍事ブロガーのテレグラム・チャンネルによると、「ロシア軍は支給するものがなくなると、時代遅れの武器を使わせる」のが常。交換部品を入手できなくなる危機が迫っている、と述べた。

第一次大戦の兵器

親プーチン派の著名な軍事アナリスト、ロスチスラフ・モクレンコは最近、ロシア軍は、第二次世界大戦の開始時点で「絶望的に時代遅れ」だった第一次世界大戦時のデグチャレフ機関銃や、1884年に発明されたマキシム機関銃を使った前例を指摘する。

「ウクライナ軍と戦うロシア軍の兵士たちから、これらの古い武器を渡されたという話を聞いている」と、ロシアの愛国軍事ブロガー、「トパーズ」はテレグラムに書いた。「冗談じゃない。ウクライナ東部ドンパスでロシアが優勢だった2014年の戦いでは、1940年代のPTRD対戦車ライフルや1890年代のモシン・ナガント・ライフル、SKSセルフローディングカービンなどが盛んに使われた。だが、今は時代が違うし、機関銃の不足は早急に何とかしなければならない」

ウクライナ全土で繰り広げられた2年近い今回の戦争は、多大な人命の損失ももたらしたが、同時に小火器を含む大量の武器も犠牲となった。

ロシア、ウクライナともに旧式の武器を使用しているが、古いからといって必ずしもそれだけで有効性が低下するわけではない。

「ある種の兵器は、非常に長い間使用されることがある。殺傷能力が変わらずに残るからだ」と、アメリカのシンクタンク、米海軍分析センターのサミュエル・ベンデットは指摘する。戦争の根本的な原理や戦術が変わらなければ、何十年も前の兵器が今も通用することはあるという。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中