最新記事
イスラエル

娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

2023年12月23日(土)19時26分
山田敏弘(国際ジャーナリスト)
ハマスに拉致されたノア・アルガマニさん

ハマスに拉致されたノア・アルガマニさん

<ハマスの人質となったイスラエル人女性の父親は「ガザにも人間の心を持った人がいるはず」と、娘の無事を祈っている>

イスラム組織ハマスがイスラエル領内に侵入して大規模なテロを起こしたのは2023年10月7日のこと。イスラエルで1400人ほどが殺害され、それを受けてイスラエル軍は、ハマスが拠点として実効支配するパレスチナ自治区のガザ地区に報復攻撃を実施している。今も、ハマスはイスラエルにミサイル攻撃を続けており、イスラエル軍もハマスの殲滅を目標として攻撃している。

■【動画】世界に衝撃を与えた、若い女性がハマスに連れ去られるシーン/拉致されたノアさんの写真

ハマスはテロ攻撃の際にイスラエルから約250人を誘拐してガザに連れ帰っている。人質の国籍は25カ国にわたり、現在でも130人ほどが誘拐されたままだ。

今回の大規模な誘拐事件では、手軽に動画などを撮影できるスマホなど普及によって、誘拐されていく人たちの映像が残されており、世界中に拡散されている。筆者もSNSなどで拡散されている動画はかなりチェックしてきたが、その中でも最も印象に残っている動画がある。

その動画は、若い女性がハマスの戦闘員のバイクに乗せられて連れ去られてしまうものだ。一緒に誘拐されたパートナーの男性に向けて手を伸ばしながら「殺さないで!」と叫びながら誘拐されるこの印象的な動画は、世界中で拡散されている。

この女性の名前は、ノア・アルガマニさんだ。ベングリオン大学の情報システム工学科の学生だったノアさんは、誘拐されて数日後の10月12日に26歳の誕生日を迎えている。

ハマスによる襲撃の日に起きたこと

10月7日の早朝、ノアさんはパートナーや友人らと、車でイスラエル南部で開催されたレイム音楽祭「スーパーノヴァ」に向かった。ハマスの襲撃で参加者260人が虐殺された音楽祭だ。

筆者は、人質の解放を呼びかける活動で日本を訪問していたノアさんの父親ヤコフさんに話を聞くことができた。

「10月7日早朝、6時から6時半ごろだったと思いますが、私たちの家はイスラエル南部のベエルシェバにあるのですが、朝、早朝からロケット弾の攻撃を知らせるサイレンが鳴っていて、妻には誤報じゃないかと言って安心させようとした。ところがサイレンがなかなか止まないので、自宅にあるセーフルーム(シェルター)に妻と一緒に入ることにした。そこで娘の部屋をのぞいてみると、娘とパートナー(ボーイフレンド)がいないことに気がついた」

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ

ワールド

ロシア、拘束中のWSJ記者の交換で米国と接触=クレ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中