最新記事

環境

強烈な臭いと有害物質...宇宙からも見える巨大さの「塊」がフロリダに向かっている

2023年3月19日(日)08時00分
モニカ・アガーワル
砂浜に寝そべる海水浴客たち

浜辺に「塊」が迫っている…(写真はイメージです) Phaelnogueira-iStock

<腐敗すると硫化水素を発生させて腐った卵のような悪臭を放ち、近くにいる人々に健康被害をもたらす恐れもあるという>

重さ610万トン、全長8000キロ以上に渡り、宇宙から観測できるほど巨大な「帯状の物体」が米フロリダ州やメキシコ湾に向かって移動している。その正体は大量発生した海藻であり、環境や生態系に悪影響を及ぼす恐れも指摘されている。

■【画像】メキシコ湾からアフリカまで大西洋を横断...超巨大な海藻の塊/陸地に打ち上げられた様子

米海洋大気局(NOAA)によると、「サルガッサム」という茶色のこの海藻は、大きな塊となって海面に浮遊する。廃水や芝生用の肥料、農業排水など、汚染物質を海に流す人間の活動が原因で発生することが多いとUSAトゥデー紙は報じている。

大西洋で発生したサルガッサムの塊は、カリブ海からメキシコ湾の沿岸を脅かしている。南フロリダ大学の科学者らは、米航空宇宙局(NASA)の協力のもと、人工衛星を使ってこの現象を追跡している。

大量の海藻が厚い層をなして海岸に接近すると、海洋生物に影響を与える恐れがある。海岸線に堆積し、遊泳区域を塞ぎ、水中の珊瑚に光が届かなくなることもある。

周辺地域の水質や大気にも悪影響を及ぼすかもしれない。サルガッサムは分解される過程で腐敗し、硫化水素を発生させるため、腐った卵のような悪臭を放つ。フロリダ州保健局によると、この臭いは人々の健康問題を引き起こす恐れがあり、喘息患者が呼吸困難になったり、目の炎症が生じたりするという。

一方でサルガッサムは、カニ、カメ、魚などの多くの回遊性海洋生物に生息地を提供すると、同局は説明している。

環境団体「サラソタ湾河口プログラム」のエグゼクティブディレクター、デイブ・トマスコはABCニュースに対し、「これ(サルガッサム)が大量に発生したビーチは楽しめない」と話し、「腐敗し、酸素を使い果たし、腐った卵のような臭いがする」と述べた。

近年は毎年のように大量発生、海水浴客に警告も

サルガッサムの塊は、陸地に到達するまでにさらに大きくなる可能性がある。到達するのは数カ月先だが、具体的にどこにやってくるかは、風や海流に左右される。ABCニュースは、南フロリダ大学のチュアンミン・フー教授の話として、海岸に向かっている海藻の量は憂慮すべきものではなく、サルガッサムは自然なものだと伝えている。

フロリダ大学光学海洋学研究所によると、サルガッサムは2011年以来、ほぼ毎年カリブ海で大量発生しているという。「2011年以降、2013年を除く毎年夏に、カリブ海に大量のサルガッサムが発生し、多くの地域で環境や生態系、経済の問題を引き起こしている」と同研究所は報告書で指摘している。

CBSニュースによると、フロリダ州保健局は、サルガッサムにヒ素やカドミウムなどの重金属類が含まれている可能性があるため、摂取しないよう警告している。同局はまた、海水浴客に対し、この海藻の近くでは泳がず、ビーチでは子供から目を離さないようにするよう呼びかけている。

サルガッサム自体は触れても問題はないが、専門家は、海藻の中に生息するクラゲなどに注意すべきだと指摘する。フロリダ州保健局は、サルガッサムに触れる際には手袋を着用することを推奨している。また、海岸近くの住居では、ドアや窓を閉めれば、有害な硫化水素が室内に入るのを抑えることができる。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EU、輸入天然ガスにメタンの排出規制 30年施行

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え

ワールド

日中韓首脳会合、中国首相「新たな始まり」 貿易など
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中