最新記事

犯罪捜査

父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴え...その驚愕の真相に迫る

FIELD OF NIGHTMARES?

2022年11月26日(土)19時32分
エリク・ファーケンホフ、ナビード・ジャマリ(いずれも本誌記者)
ドナルド・ステュディー

ドナルド・ステュディーはアメリカ史上最多の犠牲者を出した連続殺人犯かもしれない PHOTO ILLUSTRATION BY NEWSWEEK; SOURCE PHOTO: COURTESY OF LUCY STUDEY

<何十人もの若い男女を殺害し、子供たちに手伝わせて遺体を遺棄したと娘が証言。FBIと保安官が捜査に乗り出した>

現在53歳のルーシー・ステュディーは過去45年間、耳を貸してくれる相手なら誰でも構わず話してきた。自分の父親はおびただしい数の若い男女を殺害し、子供たちに手伝わせて一部の遺体を埋めていた、と。

誰も彼女の話を信じなかった。

だが最近、探知犬を使った捜索が行われ、彼女の言う場所に遺体の一部が埋まっている可能性が浮上した。捜査関係者の話では、そこはネブラスカ州オマハから65キロほど南、アイオワ州西部の辺ぴな一帯だ。

「遺体がある場所は分かっている」と、ステュディーは本誌に話した。父親のドナルド・ディーン・ステュディーは雪のない季節には手押し車で、冬にはソリで遺体を運んだという。多くの遺体は深さ30メートルほどの井戸に投げ捨てたが、未舗装の道の横に穴を掘って埋めることもあったという。「父はただ『井戸に行くぞ』と言うだけだった。でも、それが何を意味するか私には分かっていた」

そう言って、彼女は一瞬口をつぐんだ。「井戸に行くか山に入るたびに、帰ってこられないかもしれないと覚悟した。父に殺されると思ったのだ。口封じのために......」

ステュディーによると、ドナルドは遺体に土と灰汁(あく)をかぶせるよう子供たちに命じることもあったそうだ。

ドナルドは2013年3月に75歳で死んだ。30年間にわたって50~70人の男女を殺したという娘の証言が事実なら、人知れず世を去ったこの男はアメリカの犯罪史上で最悪級の連続殺人犯ということになる。

女性たちを自分の所有地に誘い込み...

今年10月21日、ステュディーは捜査現場であるアイオワ州サーマン郊外の低木地帯にいた。フリーモント郡保安官のケビン・アイストロープとその部下2人、そして探知犬の訓練士と犬2頭が彼女に合流した。「あの一帯に遺体があるという彼女の話は100%信用できる」と、アイストロープは本誌に断言した。

片方の手の甲にLOVE(愛)、もう一方にHATE(憎悪)とタトゥーを入れていたドナルドは、オマハ近辺で知り合った女性たちを山と農地から成る2ヘクタールほどの自分の所有地に誘い込んで殺害した、とアイストロープらはにらんでいる。

ステュディーによると、ドナルドは4人の子供たちに自分がしていることをはっきり分からせようとした。「あの性悪女にはこれが当然の仕打ちだ」などと、子供たちの前で被害者を罵ることもあったという。被害者の女性は全員白人で、家出した15歳の少女が1人いたが、ほとんどは20代か30代だったと、ステュディーは本誌に語った(なお彼女は、結婚後の姓を伏せて旧姓のみを出すという条件で取材に応じた)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トランプ氏復権、バイデン氏続投より債券に弱気=ビル

ワールド

ラファにイスラエル軍の空爆、パレスチナ人少なくとも

ワールド

トランプ氏がリバタリアン党大会で演説、ブーイング浴

ワールド

リトアニア大統領選決選、現職ナウセーダ氏が勝利宣言
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中