最新記事

英王室

「女王への侮辱」「塗り潰せ!」 エリザベス女王を描いた壁画が下手すぎると騒動に

'Absolutely Dreadful': Internet Reacts To New Queen Elizabeth Mural in London

2022年9月16日(金)17時43分
サラ・サントラ

バッキンガム宮殿に置かれた献花に添えられた女王への手紙(9月13日) Phil Noble-Reuters

<女王への敬意を表し、地元の子供たちに楽しんでほしいと芸術家夫妻が描いたエリザベス女王の壁画だが、出来栄えに不満を持った人は多かったようだ>

英ロンドン西部の地下鉄駅近くに描かれたエリザベス女王の壁画に対し、「あまりにも似ていない」「怖すぎる」などとして、インターネット上で撤去を求める声が多く上がっている。

■【写真】「あまりにも似ていない」と批判されたエリザベス女王の壁画

報道によると、この壁画はアーティストのジグネッシュ・パテルとヤッシュ・パテル夫妻が、9月8日にスコットランドのバルモラル城で死去したエリザベス女王に敬意を表し、ハウンズロー・イースト駅近くに描いた。

ジグネッシュは壁画について、「私たちは女王を愛しており、女王が亡くなって、敬意を表するべきだと思った」とBBCに語った。「(壁画は)そのユニークな方法だ。ハウンズロー地区には創造性が欠けている」

BBCによると、パテル夫妻が壁画を描いたのは、キングスレー・ロードにある2階建ての建物の側面。地下鉄の駅から出た人が、最初に目にする位置にある。夫妻はこの作品が「今後何年にもわたって、地域の重要な一部となる」ことを願っていると話す。

「子供たちにインスピレーションを与え、壁画を楽しんでもらうことができれば、地域社会に影響を残すことができる」と、ジグネッシュは述べている。

「侮辱だ」「塗りつぶして」と批判殺到

ハウンズロー地区の人々がこの壁画についてどう感じているかは、明らかではない。しかし、ネット上では、女王とは似ても似つかない「実にひどい」作品だとして、すぐに撤去されるべきだといった声が上がっている。

地元メディア「レスターシャー・ライブ」が壁画についてFacebookに投稿すると、あるユーザーは「女王に似ていない! やや無礼な気がする! 彼らが今できる最善のことは、塗りつぶすことだ」とコメント。別のユーザーも「実にひどい。塗り替えてほしい」と賛同した。

「これは、女王の思い出に対する侮辱だ(中略)これよりもずっと優れた作品を描く才能あるアーティストは大勢いる」という意見や、「ひどい! まるで彼女がギネスを6杯飲んだ後にバーから這い出てきたようだ。我々の女王に対する侮辱だ」「衝撃的なほどひどい! 頼むから塗り替えて!」と非難する声もある。

英国君主として歴代で最も長く在位した女王に対しては、世界中の人々がさまざまな形で敬意を表している。

ネットフリックスのドラマ『ザ・クラウン』のシーズン3と4でエリザベス女王を演じた女優のオリビア・コールマンは、女王の死についてバラエティ誌にこう語った。「彼女は若い時に誓いを立て、威厳を持ってそれを完全に守った。私たちは皆、彼女の行いに強く感銘を受けている」

女王の死去が発表された数時間後には、バッキンガム宮殿の外に何千もの人々が花を手向けた。また、多くの世界のリーダーが、ソーシャルメディアを通じて敬意を表した。

そのうちの1人、バラク・オバマ元米大統領は、「多くの方々と同様、(妻の)ミシェルと私は女王陛下の献身的なリーダーシップを目の当たりにできたことに感謝し、疲れを知らない、威厳ある公への奉仕に畏敬の念を抱いている。この困難な時期に、私たちの心は陛下のご家族と英国民と共にある」とTwitterに投稿した。

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米副大統領、台湾と非公式関係深化へ 海峡での挑発で

ビジネス

証券監視委、SMBC日興に行政処分勧告 相場操縦巡

ビジネス

焦点:政府と日銀に齟齬か、介入で憶測 いずれ緩和修

ワールド

タイ中銀、2会合連続で0.25%利上げ 今年の経済

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月