最新記事

宇宙

「ダイヤモンドの雨」は、無数の惑星で見られる現象だった

2022年9月8日(木)19時30分
松岡由希子

「ダイヤモンドの雨」は、珍しい現象ではないのかもしれない...... Greg Stewart/SLAC National Accelerator Laboratory)

<研究チームは、氷惑星の内部で「ダイヤモンドの雨が降る」現象を再現することを試みた......>

海王星や天王星といった巨大氷惑星の内部は、主に水、メタン、アンモニアの高密度な混合流体で構成され、摂氏数千度の高温かつ地球大気の数百万倍もの高圧な極限状態となっている。これまでの仮説では、このような高温と高圧によって水素と炭素がダイヤモンドに変化し、「ダイヤモンドの雨」のように、地下1万メートルにある岩石状の核へと深く沈み込んでいるのではないかと考えられてきた。

「ナノダイヤモンド」が生成される過程をとらえることに成功

独ドレスデン・ロッセンドルフ研究所、独ロストック大学、米SLAC国立加速器研究所らの研究チームは、氷惑星の内部で「ダイヤモンドの雨が降る」現象を再現しようと、炭素、水素、酸素で構成されるポリエチレンテレフタレート(PET)の薄膜に高出力レーザーを照射してこれに衝撃波を発生させ、内部の様子を観察した。

2022_0506_LCLS_MEC.jpg

海王星と天王星で見られる極限状態を再現し、ダイヤモンドの雨の形成を観察した(Olivier Bonin/SLAC 国立加速器研究所)


それによりダイヤモンドの結晶構造を有するナノ粒子「ナノダイヤモンド」が生成される過程をとらえることに成功した。その研究成果は2022年9月2日、学術雑誌「サイエンスアドバンシズ」で公開されている。

この実験では、PETの原子が小さなダイヤモンド領域に再配列していく様子をとらえるとともに、ダイヤモンド領域が最大で幅2~3ナノメートルまで成長することを明らかにした。また、PETに酸素が存在することで、これまでの観測よりも低い圧力と温度でナノダイヤモンドが成長することもわかった。

研究論文の責任著者でロストック大学の物理学者ドミニク・クラウス教授は「酸素が炭素と水素の分解を速め、ナノダイヤモンドの形成を促した」とし、「これはすなわち、炭素原子がより簡単に結合して、ダイヤモンドを形成しうることを意味している」と解説している。

「ダイヤモンドの雨が降る」現象は無数の氷惑星でも

今回の実験結果は、「氷惑星でダイヤモンドの雨が降っている」というこれまでの仮説を裏付けるものだ。かつて氷惑星は稀有だとみられていたが、現在では太陽系外惑星で最もよくみられる形態であることがわかっている。おそらく、「ダイヤモンドの雨が降る」現象は海王星や天王星のみにとどまらず、銀河系に存在する他の無数の氷惑星でも起こっているだろう。

また、この実験結果は、ナノダイヤモンドの新たな製造方法として応用できる可能性も示している。ナノダイヤモンドはすでに研磨剤などに含まれているが、将来的には、量子センサーや医療用造影剤、再生可能エネルギー向け反応促進剤など、様々な領域で幅広い活用が見込まれている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、24企業・団体を輸出規制リストに追加 ロシア軍

ワールド

欧米当局、タンカー滞留巡りトルコと協議=英財務省筋

ワールド

キーウで今冬「終末」のシナリオも、電力・水供給断た

ビジネス

マスク氏、世界長者番付トップの座を一時明け渡す=フ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 8

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 9

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 10

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月