最新記事

公衆衛生

退任表明のファウチ その功績と過ち、そして意図的についていた「嘘」

The Last “Trusted Doctor”

2022年8月31日(水)18時52分
ティム・レカース(科学ジャーナリスト)

ファウチの下で公衆衛生は政治問題であることがより明確になった ANNA ROSE LAYDENーPOOLーREUTERS

<アメリカにおけるエイズや新型コロナウイルスへの対策を牽引したが、パンデミックによる社会の変容を生き抜けなかった>

エイズからサル痘まで、アメリカの感染症対策を率いて40年近く。米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)の所長で米政府の首席医療顧問でもあるアンソニー・ファウチ(81)が、今年12月で退任する意向を発表した。公衆衛生分野での彼の功績をたたえる声がある一方、コロナ禍への対応を誤った当局者だとして退任を喜ぶ声もある。

ファウチは1984年にNIAID所長に就任。ロナルド・レーガン以降の歴代大統領に助言を行ってきた。

ジョージ・W・ブッシュ大統領時代にファウチが立ち上げた世界規模のエイズ対策「大統領エイズ救済緊急計画」は、約2100万人の命を救ったとされる。2015年にエボラ出血熱が流行したときは、自ら防護具を着けて感染者の治療に当たった。

ファウチの長いキャリアは批判と無縁ではなかった。89年にはファウチのエイズ対策に不満を抱く活動家らが、彼のオフィスに押しかけた。

新型コロナウイルス対策も決して順調ではなかった。パンデミック発生当初はドナルド・トランプ前大統領と協力関係を築いていたかに見えたが、すぐに悪化した。経済活動の停止やマスク着用などの感染抑制策についてトランプはファウチの意見に反対し、右派のメディアや政治家もこれに同調した。

マスクやワクチンについて犯した過ち

政府のパンデミック対応の顔となったファウチが批判の矢面に立たされた理由はよく分かる。状況が目まぐるしく変わるなか、多くの当局者と同じくファウチにも過ちがあった。コロナ禍の初期には、マスク着用や無症状者からの感染について誤った情報を発信していた。ワクチンの感染予防効果についても、誤った見解を示していた。

だが、もっと根本的な問題は「信頼される医師」の見本がコロナ禍を生き抜けなかったことだろう。公衆衛生は「政治問題」であることがパンデミックによって、より明確になったためだ。

新型コロナワクチンが命を救うのは経験的な事実だが、接種を義務付けるべきかどうかは政治的な選択だ。ファウチが接種の義務化を支持したことは、個人の選択より集団の利益を優先するという価値観によるが、それを受け入れないアメリカ人は多い。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、元安抑制へ外為フォワード取引の準備金再

ビジネス

1─7月のドイツ原油輸入、前年比13.5%増 ロシ

ビジネス

北朝鮮、核実験実施含めさらなる挑発行為の可能性=官

ビジネス

政府、対ロ追加制裁を決定 化学兵器関連物品の輸出禁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ウクライナ サイバー戦争

2022年9月27日号(9/20発売)

ウクライナでのロシア大苦戦の裏に、世界が知らないもう1つの戦場があった

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 10

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月