注目のキーワード

最新記事

ネット

コストコ会員証の写真撮影でくしゃみした男性、「足の親指」「ヴォルデモート」とネット上でイジられる

2022年6月2日(木)20時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

(写真はイメージです) michellegibson-iStock

<不運な写真がニュース投稿サイト「レディット」上で大喜利のネタに>

自撮りとソーシャルメディアの時代、自分の姿を世界にどう見せるかをコントロールするのはもはやすっかり日常になっている。その点、昔ながらの証明写真を前にすると身が引き締まる思いがするもの。

証明写真の写りの悪さは世界共通だが、その分平等とも言える。運転免許証であれ学生証であれ、身分証明書の写真で最悪なのはやり直しがきかないこと──つまり、本当にひどい写真が長い間ずっと残り続けるということだ。

アメリカのニュース投稿サイト「レディット」上で拡散されている、ある男性の不運な証明写真によって、ネットユーザーたちはそんな現実を思い知らされることになった。

ドメニク・メレンダ(ユーザーネーム:BabyJesusAnalingus)は土曜、レディット上のフォーラム「r/funny」に自身の新たなコストコ会員証にキャプションを添えて投稿した。

「コストコはくしゃみをしても会員証の写真を撮り直してくれないらしい」

投稿には1000件以上のコメントが寄せられ、その表情は「足の親指」から「アダムス・ファミリーのフェスタ―おじさん」までありとあらゆるものに例えられた。

ユーザーのKittywitch9は「クィレル教授の頭の裏のヴォルデモートみたい」とコメントしている。

2017年に独ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン校の心理学教授らが行った調査によれば、私たちは自分の自撮り写真は好きでも、他人の自撮り写真は気持ち悪いと感じていることが分かった。「自撮りのパラドックス」と呼ばれるこの研究では、私たちが自撮りをする一方で、他人が同じことをしているのを批判する理由が調査された。238人の調査対象者のうち77%が、他人の自撮りをナルシシズムや不真面目さの表れと見ているにもかかわらず定期的に自撮りをしていることが判明した。

一方、ワシントン州立大学の心理学教授クリス・バリーと学生らが19年に行った研究によると、他人に撮られた自分の写真をシェアする人は(少なくとも見知らぬ人からは)自撮り好きな人よりも好感度が高く、成功していて自信があると見なされることが分かった。もちろん、それがくしゃみの途中を撮られたIDカード写真でなければの話だが。

なお、実際のところコストコの会員証の写真は撮り直しができることが指摘されており、店員が彼をからかうために嘘を言ったのではないかとユーザーたちは推測している。

データ調査会社スタティスタによると21年のコストコ会員数は約1億1100万人であり、7640万人だった14年以降、一貫して増加しているという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ東部ハリコフ住居地区にロ軍の砲撃、6人死

ビジネス

6月の米自動車走行距離、前年比1.7%減 高ガソリ

ビジネス

今後も利上げ継続、ペースが落ちる可能性=FOMC議

ビジネス

NY外為市場=ドル上げ幅縮小、FOMC議事要旨で過

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月