注目のキーワード

最新記事

ペット

うちの愛犬に噛まれたと言い張る女性を「撃退」した「犬の精神科医」

I Hired a Dog Psychiatrist

2022年5月20日(金)12時48分
アゴタ・ガボール(元バレエダンサー、著述家)

筆者は愛犬バルコを守り抜いた AGOTA GABOR

<何日も経ってから「かまれた」と言い掛かりをつけ始めた彼女に対し、犬の無実を裁判で証明する方法はほかになかった>

湖のほとりに立つコテージを購入したのは、一度は別れた夫と私がよりを戻し、娘と3人でカナダのトロントで暮らすことにしたときのこと。湖で泳ぐのを共にする犬も欲しくなり、入念なリサーチの結果、ポルトガルウオータードッグを飼うことにした。

評判の高い米デラウェア州のブリーダーを訪ねると、50頭を超える犬がいた。ほんの1分で毛むくじゃらのボールのような黒と白の子犬が私の膝に飛び乗ってきて、私たちの新しい家族になった。

私たちは子犬に「バルコ」と名前を付けた。ポルトガル語で船という意味だ。湖で一緒に泳ぐときは、私より先に進んでは私を気に掛けて戻ってくる。そして私にキスをして周りを泳ぎ、それからまた先へと泳いでいくのだ。

バルコが生後7カ月だった1999年10月のこと。私がごみ出しをしている最中にバルコが外に飛び出し、通り掛かりの女性を引っかく事件が起きた。

私は慌ててバルコを家に戻し、ジーンズが破けなかったか、けがをしていないかと女性に尋ねた。そして家の中にどうぞと声を掛け、ジーンズの弁償を申し出るとともにバルコのワクチン接種証明を見せようとした。だが彼女は、けがはしていないからと言って立ち去った。

1週間後に再びやってきた彼女

ところが1週間後、女性が再びやって来た。帰宅後に引っかき傷から出血していることに気付いて受診したところ、狂犬病の恐れがあるから動物管理当局に事件を届けるよう医師に指示されたと言うのだ。

予防接種はきちんと済ませているし、そもそも痛くも何ともないと言っていたのにどういうことなのか? 気が変わったのだと彼女は言った。

次の週、動物管理当局の人が家に来た。バルコはとてもいい子にしていたが、口輪の装着を命じられた。女性の主張が間違っていることを私が証明できなければ、バルコは一生、口輪を着け続けなければならない。私は何とかしてバルコの無実を証明しようと心に決めた。

ニューヨークに犬の精神科医がいることを突き止め、電話で状況を説明した。力を借りるには、トロントまで来てもらって事件が起きた状況を再現するしかない。依頼料は1時間当たり200ドルだったが、バルコのためなら何でもやるつもりだった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

ワールド

豪炭素排出量、21年は1%近く増加 コロナ禍から経

ビジネス

中国、オンショア人民元の取引時間延長を検討=関係筋

ビジネス

中国恒大集団に会社清算申し立て、香港高等裁で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月