注目のキーワード

最新記事

ベトナム

ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一致したか?

LONG-BURIED WAR MEMORIES

2022年5月18日(水)16時53分
トラビス・ビンセント

ベトナム戦争中、韓国はアメリカに次ぐ30万人規模の兵士を派遣した(1972年、南部の激戦地ニャチャン近郊) DAVID HUME KENNERLY/GETTY IMAGES

<ベトナム戦争中の韓国兵士の残虐行為を知らずに、若者は韓国ドラマの兵士に夢中。経済成長を優先し、歴史教育に関心のないベトナムと、歴史を掘り返されたくない韓国の「韓流ジレンマ」とは?>

ベトナム中部クアンガイ省出身のレ・ティ・タン・リは7年前から外国人観光客を相手に英語でツアーガイドをしている。地元周辺を案内すると、観光客はミーケー・ビーチの美しい砂浜と透き通った青い海に息をのむ。

今年3月下旬、リはソウルから来た年配の韓国人カップルを案内することになった。27歳のリは韓国ドラマの話ができると張り切っていたが、驚いたことに彼らが連れて行ってほしいと言ったのはクアンガイ省のビンホア村だった。

実はベトナム戦争中の1966年、この村で400人を超える住民が韓国軍兵士に虐殺される事件が起きていた。

それから数日間、リは事件についてインターネットで調べた。「私はここで生まれ育ったのに何も知らなかった。本当に情けない」友人たちにも何人か聞いてみたが、彼らも全く知らなかった。

リのように韓国のポップカルチャーにハマっている若者が、ベトナム戦争に韓国が関与したことを全くと言っていいほど知らないケースは多い。まして当時の韓国軍兵士による戦争犯罪についてはなおさらだ。

30人を超えるベトナムの大学生や若い社会人への取材から、彼らがベトナム戦争中の韓国人兵士による犯罪を知らないことが明らかになった。韓国兵によるレイプや殺害の舞台となった地で生まれ育ち、教育も受けた若者でさえ、この歴史の闇については不案内だった。

92年12月の韓国・ベトナム国交正常化から今年で30年。両国の外交関係は09年の「戦略的協力パートナーシップ」から「包括的戦略パートナーシップ」に格上げされる見込みだ。韓国のソフトパワーはベトナムの若者の心をつかんでいるが、高齢者世代は今でも戦時中に韓国兵が働いた残虐行為を忘れてはいない。

昨年7~9月、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、南部ホーチミン(旧サイゴン)市は完全にロックダウン(都市封鎖)された。ベトナム軍の兵士たちも駆り出されて生活必需品の配給に協力。こうした兵士たちの姿をリ・ジョンヒョク大尉に重ねる声が多かった。

韓国ドラマ『愛の不時着』で韓国のトップスター、ヒョンビンが演じている北朝鮮のエリート将校だ。ドラマはベトナムで2020年にネット配信され、グーグルトレンドによれば、この年最もネット検索されたドラマのトップ10にランクインした。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

HSBC、インドでの富裕層事業の現地展開に再参入へ

ビジネス

中国新築住宅価格、6月は上昇がやや加速 地方の刺激

ビジネス

アングル:上半期のS&P500種は20.6%下落、

ビジネス

米テスラ、人種差別巡り黒人従業員が新たな訴訟

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月