最新記事

韓国

ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府の対応に疑問の声

2020年3月10日(火)20時15分
佐々木和義

康京和外交部長官は日本大使の呼び出し抗議 Jung Yeon-je/Pool via REUTERS

<韓国からの入国を制限する国が100カ国を超えるなか、唯一、日本に強硬な対抗措置を取るが、中国からの入国を制限しない韓国政府の対応に疑問の声があがっている......>

新型コロナウイルス感染者の急増を受け、3月9日時点で103の国と地域が韓国からの入国を制限している。
38の国と地域は韓国の入国をすべて禁止し、インドネシアなど6つの国と地域は大邱など一部地域からの入国を禁止する。中国の19地域など15カ国は入国者を2週間隔離する。

韓国からの入国を制限する国が100カ国を超えるなか、唯一、日本に強硬な対抗措置を取る一方で、感染者が最も多い中国からの入国を制限しない韓国政府の対応に疑問の声が上がっている。

ベトナムの入国制限措置に反発

韓国との経済交流が活発なベトナムは、2月28日、入国制限を決定した。韓国の対ベトナム貿易は中国、アメリカ、日本に次ぐ4位で、ベトナムにとっても韓国は第4位の貿易相手国である。ベトナムへの投資額は日本が最多だが、投資件数は韓国が最も多い。サムスンやLGをはじめ多くの韓国企業が進出し、管理や指導を行なっている。

そのベトナムが韓国との関係より新型コロナウイルスの感染防止を優先する決断を下したのである。ベトナム政府は韓国人に対する査証免除の停止と入国後14日間の隔離を決め、ホーチミン市は大邱と慶尚北道の出身者に対する労働許可の新規発給を停止した。

スマートフォンの58%をベトナムで製造するサムスン電子はハノイで予定していたモバイル研究開発(R&D)センターの起工式を中止、29日にはベトナムの空港当局が、ハノイ・ノイバイ空港に向けて飛行していたアシアナ機に着陸の不許可を通知し、同機は仁川空港に引き返した。

「防疫能力のない国の野暮な措置」と批判したが......

韓国外交部はベトナム大使を呼んで航空当局の対応に抗議し、康京和長官は3月4日の国会外交通商委員会で、非友好的で一方的な措置だと非難した。同長官はまた「防疫能力のない国が入国禁止という野暮な措置を取っている」と批判したが、その翌5日には、防疫先進国である日本とオーストラリア、シンガポールが入国制限を発表した。

オーストラリアは14日以内に韓国への渡航歴がある外国人の入国を禁止し、シンガポールも同じく14日以内に韓国への渡航歴がある人は国籍を問わず入国を停止すると発表、オーストラリアはまた韓国への渡航警戒を引き上げている。なお、中国に対する入国制限は、オーストラリアは2月1日、シンガポールは2月3日からそれぞれ実施している。

ニュース速報

ビジネス

JAL、役員報酬10%を4―6月まで自主返上 コロ

ワールド

緊急事態宣言の状況にない、ぎりぎり持ちこたえている

ワールド

バイデン氏とトランプ米大統領、新型コロナ対応巡り協

ビジネス

前場の日経平均は続落、買い材料乏しい 日銀の動きは

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    あの除草剤ラウンドアップに新たな懸念......水中の…

  • 7

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 8

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    安倍首相「全世帯に布マスク配布、邦人含む全入国者に…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月