最新記事

感染症対策

マスク着用ほぼ終了、カフェでのワクチンパスポートも不要に スイス、コロナ規制大部分を解除

2022年2月17日(木)18時25分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

もう欧州の人たちは心置きなくマスクを外せるように *写真はイメージです South_agency - iStockphoto

<欧州各国で感染拡大がピークアウト。もはやコロナは脅威ではないとの声も>

イギリスでは、先月末から新型コロナウイルス対策の規制がほぼ撤廃になった。フランスやイタリアでも今月に入り、マスク着用義務が緩和されることが決まった。つい先日、ドイツ在住の友人は「ドイツはコロナ対策の解除がヨーロッパでは一番遅くなりそうだ」と話していたが、スイスでも、2月17日より、対策の大部分が解除になった。

第5波ピークアウトから、一気にほぼ全面解除へ

2月16日、スイス連邦内閣は新型コロナウイルス対策の大半を解除すると決定した。スイスでもオミクロン株が広まり、筆者の周りでも昨年12月後半から今年1月にかけて感染者が明らかに増えていた(第5波)。ある週末には息子の高校の教師5人が一挙に感染し、その教師たちの授業が休講になり驚いた(休校にはなっていない。教師たちはみな軽症だった)。筆者も家族も友人たちも「誰でも感染する可能性がある」と考えていた。しかし、スイスでは、1日あたりの新規感染者数は1月末にピークを迎え、現在はそのピーク時から約40%減少している。

政府は公式サイトで「ウイルスは高いレベルで循環し続けているにもかかわらず、国民の免疫力が高いため、医療制度に過度の負担がかかることはないと思われる。連邦内閣にとって、これは社会的・経済的生活を速やかに正常化するための条件が整っていることを意味する」と発表した。すでに2月2日に濃厚接触者に対する5日間の自宅待機が廃止になり、在宅勤務の義務も廃止になったが、政府はそのほかの措置について関係者と協議を進めていた。

スイスでは、2月17日より、以下の措置が解除される。


●店舗、レストラン、その他の公共施設(イベントも含む)でのマスク着用義務
●職場におけるマスク着用義務
●在宅勤務の推奨
●映画館、劇場、レストランなどの施設、またイベント会場に入る際のCOVID証明(ワクチン接種証明、感染後に回復したことを示す証明、検査の陰性証明)の提示
●大規模イベントの開催許可取得
●私的な集まりの制限
●事業者が自主的に設けていた店舗内や、ケーブルカー、ゴンドラの入場人数制限

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は3日続落し3万8000円割れ、米利下げ観

ビジネス

英CPI、3月は前年比+3.2%に鈍化 予想は上回

ビジネス

ASML、第1四半期は13億ドルの黒字 新規受注予

ビジネス

中国BYD、高価格ブランド3車種発表 オフロード車
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中