最新記事

感染症対策

マスク着用ほぼ終了、カフェでのワクチンパスポートも不要に スイス、コロナ規制大部分を解除

2022年2月17日(木)18時25分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

もう欧州の人たちは心置きなくマスクを外せるように *写真はイメージです South_agency - iStockphoto

<欧州各国で感染拡大がピークアウト。もはやコロナは脅威ではないとの声も>

イギリスでは、先月末から新型コロナウイルス対策の規制がほぼ撤廃になった。フランスやイタリアでも今月に入り、マスク着用義務が緩和されることが決まった。つい先日、ドイツ在住の友人は「ドイツはコロナ対策の解除がヨーロッパでは一番遅くなりそうだ」と話していたが、スイスでも、2月17日より、対策の大部分が解除になった。

第5波ピークアウトから、一気にほぼ全面解除へ

2月16日、スイス連邦内閣は新型コロナウイルス対策の大半を解除すると決定した。スイスでもオミクロン株が広まり、筆者の周りでも昨年12月後半から今年1月にかけて感染者が明らかに増えていた(第5波)。ある週末には息子の高校の教師5人が一挙に感染し、その教師たちの授業が休講になり驚いた(休校にはなっていない。教師たちはみな軽症だった)。筆者も家族も友人たちも「誰でも感染する可能性がある」と考えていた。しかし、スイスでは、1日あたりの新規感染者数は1月末にピークを迎え、現在はそのピーク時から約40%減少している。

政府は公式サイトで「ウイルスは高いレベルで循環し続けているにもかかわらず、国民の免疫力が高いため、医療制度に過度の負担がかかることはないと思われる。連邦内閣にとって、これは社会的・経済的生活を速やかに正常化するための条件が整っていることを意味する」と発表した。すでに2月2日に濃厚接触者に対する5日間の自宅待機が廃止になり、在宅勤務の義務も廃止になったが、政府はそのほかの措置について関係者と協議を進めていた。

スイスでは、2月17日より、以下の措置が解除される。


●店舗、レストラン、その他の公共施設(イベントも含む)でのマスク着用義務
●職場におけるマスク着用義務
●在宅勤務の推奨
●映画館、劇場、レストランなどの施設、またイベント会場に入る際のCOVID証明(ワクチン接種証明、感染後に回復したことを示す証明、検査の陰性証明)の提示
●大規模イベントの開催許可取得
●私的な集まりの制限
●事業者が自主的に設けていた店舗内や、ケーブルカー、ゴンドラの入場人数制限

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 6

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 7

    「アルツハイマーになりたくなければフロスせよ」 北…

  • 8

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月