最新記事

異常気象

テキサス州に異常寒波、寒さのあまり樹木が爆発

It's So Cold in Texas That Trees Are Exploding, Sounding 'Like Gunshots'

2022年2月7日(月)15時53分
ダニエル・ビャレアル

凍った木に近づくのは危険なのだという(2009年アーカンソー州の動画からのキャプチャ画面)  basicbrewing/YouTube

<昨年に引き続いて、今年もテキサス州に大寒波が襲来。樹液が凍って樹木が爆発し、その音が銃声のように鳴り響いている>

寒冷前線が到来したテキサス州北部では気温が低下し、凍った樹木が「爆発」している。一晩中続くその音を、住民は「銃声」に例えた。

気温がマイナス10度にまで下がった晩、ダラス都市圏の北にある町プリンストンに住むローレン・レーバーは、夜通し響く「大きな爆発音」を聞いていた、と地元テレビ局に語った。「音は一晩中聞こえていた。銃声のような音だった」

気温が低下すると木の樹液が凍りつき、膨張するために樹皮が裂ける。枝と幹の接合部で木が裂けることもある。ひどいときには、幹に大きな裂け目が生じることもあると、オハイオ州デイトンにある樹木の手入れ専門会社アーボー・エクスパートは言う。樹木の枝に氷が付着して重みのために落下することもある。

レーバーの家では、木の枝が庭に落下してきた。また、別の木が隣人のトラックの上に倒れ、氷結した数本の枝が電線の上に圧し掛かった。

暖房はプロパンガスだけ

納屋も屋根に張った氷の重みで崩れ、全壊した。地元の変電所が火事になって停電したため、暖房も使えなくなった。薪も凍り付いていたので、レーバーの家で暖を取ることができるものは、プロパンガスのヒーターだけになった。SUVはヒーターと、携帯電話の電源として使うことができた。

この冬の嵐で、3日までに約4万人のテキサス州民が停電に見舞われた。午後にはテキサス州のグレッグ・アボット知事は、17の郡に災害宣言を出した。

テキサス州の電力網を管理するテキサス電力信頼性評議会(ERCOT)のブラッド・ジョーンズ臨時会長兼CEOは、2021年のケースとは違って、嵐の間も電力網が故障することはないと州民に請け合った。

2021年2月の猛吹雪では、送電網の故障により450万世帯が数日間にわたり停電した。この停電により、テキサス州民240人以上が死亡した。

「今度の送電網は過去にないほど信頼性が高い」と、ジョーンズは2月1日に語った。「送電網の備えは万全で、その点は安心していい。この嵐への準備はできている。大丈夫だ」

さらに昨年は、厳しい寒さのため一部の住宅で水道管が破裂し、数日間断水が続いた地域もあった。道路も凍結していたため、修理に駆け付けるのも困難だったたからだ。

今年は大規模な停電こそ免れたが、何もかもが凍りついて交通は大混乱、レーバーの家のような局地的な停電も相次いだ。「これは氷の襲撃だ」と、アボットは言った。「ここ何十年も、テキサスは経験しなかったことだ」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

原油先物は横ばい、米国巡る強弱材料が交錯

ビジネス

中国EVのNIO、アムステルダムにショールーム E

ビジネス

全国コアCPI4月は+2.2%、2カ月連続で伸び縮

ワールド

イスラエル首相、近く米議会で演説 ジョンソン下院議
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中