注目のキーワード

最新記事

BOOKS

道路を渡り切れない老人は日本に300万人以上、その理由

2022年1月28日(金)19時55分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<年を取れば、身体機能は低下する。ここには介護支援の問題が映し出されている>

多くの場合、横断歩道の青信号の点灯時間は、1メートルを1秒で歩ける人に合わせられているという。したがってほとんどの人が、無理なく道路を渡り切ることができる。少なくとも、理屈の上では。

あえて「理屈の上では」とつけ加えたことには理由がある。『道路を渡れない老人たち』(神戸利文、上村理絵・共著、アスコム)の著者で、リハビリ専門デイサービスを行っている「リタポンテ」の代表によると、実際にはこの速度で歩けない人が300万人以上存在するのだ。


リタポンテのご利用者さま397人について、歩行速度を調べたところ、約55.4%にあたる220人の歩行速度が0.8m/秒以下でした。
 また、397人全体の平均の歩行速度は、0.58m/秒となりました。(30ページより)

半数以上の人は、歩行者用信号が青のうちに渡り切れない可能性があるということ。したがって、事故が引き起こされる危険性も高くなるわけだ。

事実、警視庁交通局の発表によると、2020年の横断歩道横断中の交通事故死者数230人のうち、65歳以上の高齢者は186人。8割を高齢者が占めている。ちなみに、横断歩道以外での場所も含む横断中の交通事故死亡者数651人のうち、65歳以上の高齢者は537人。こちらもその割合は82%を超えている。

もちろん危険なのは道路だけではなく、高齢者が踏切内に残され死亡する事故も増えている。横断歩道にしても踏切にしても、なんらかの改善が求められている。

だが著者は、それよりも考えなくてはならないことがあると強調する。言うまでもなく、「なぜ青信号や踏切を渡り切れないほど、身体機能が低下してしまったのか?」ということだ。つまり彼らの多くは、のんびり歩いていたから渡り切れなかったのではない。一生懸命歩いても身体機能が追いつかず、渡り切ることができなかったというケースが多いのだ。

すると必然的に、介護による支援の必要が生じてくるだろう。青信号の間に道路を渡り切れないということは、すでに支援が必要な状態であることの目安になる。

だが、そうした現実があるにもかかわらず、なぜいまだに「道路を渡れない老人たち」が300万人以上もいるのだろう? そこには日本の介護支援の問題が映し出されていると考えることもできそうだが、だとすれば問題は何か。


 私は、大きく分けて、2つの問題があるのではないかと考えます。
 1つは、身体能力が弱っていても支援を受けていないということ。
 もう1つは、医師や介護の専門職による情報提供不足や介護に関する社会的インフラが整っていないなどの理由から、介護による支援を受けていても、支援のやり方などが間違っていて、結局、身体機能の改善が見られず、外出もできないまま、徐々に歩けなくなっていくということです。(36ページより)

身体能力が弱っていても支援を受けないのは、額面通りに受け止めれば不思議な話だ。しかし、そこに「介護の持つイメージ」が影響していると聞けば、どこか納得できるのではないだろうか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米景気後退の可能性は50%程度、欧州も同様=PIM

ビジネス

独ウニパー、政府に支援要請 ガス調達コスト高騰で

ビジネス

スウェーデン中銀、0.5%利上げ インフレ抑制へ追

ビジネス

三菱UFJ、野村HDのタイ証券子会社を212億円で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、スーツケース入りの大金授受が発覚

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 7

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 8

    監視カメラ越しに休暇中の飼い主「なんてこった!」…

  • 9

    【映像】ロシアの地対空ミサイル、Uターンして発射地…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    ジョニー・デップ裁判は「失敗」だった──最大の間違…

  • 6

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 7

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 8

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月