最新記事

米ロ関係

極超音速ミサイルでロシアはアメリカを抜いたのか、それともウクライナ侵攻前のブラフなのか?

Has Russia Beaten the U.S. in the Hypersonic Missiles Race?

2021年12月6日(月)18時45分
ブレンダン・コール

この数カ月の間、国営メディアはツィルコンの発射成功について派手に報じてきた。もっとも専門家の間からは、ロシアの言う通り射程が1000キロもあるのか疑問視する声も聞かれる。

推進力をスクラムジェットから得る純粋な極超音速ミサイルとは異なり、ツィルコンは既存の技術の組み合わせで作られている。

ツィルコンは固形燃料ブースターの力で大気圏外まで飛び、そこから準弾道の「スキップ・グライド」軌道を通って標的に近付く。弾頭は取り外し可能だ。

「(ツィルコンは)巡航ミサイルと弾道ミサイルのハイブリッドだろうと思われる」と、コンサルタント会社イースタン・アドバイザリー・グループのリチャード・コノリーは言う。「技術レベルの高いやり方ではないが、革新的でもあるし、同じ目的地にたどり着くことは可能だ」

「アメリカは純粋な極超音速ジェットの実験をたくさんやり、ありとあらゆる障害にぶつかってきた」とコノリーは本誌に語った。

「ロシアは目的地への近道をして『スクラムジェットだけを使った純粋な(極超音速兵器の)システムで中国やアメリカと競争しようとするのはやめ、その代わりハイブリッド技術を使おう』と言ったに過ぎない」

アメリカの少し先を行っているのは確か

「ツィルコンがアメリカにできないようなことをやっていることを示す証拠は見当たらない。(ロシアは)単に、別の(開発)ルートを選んだというだけだ」。そう言いつつもコノリーは、ミサイル開発でロシアがアメリカより「少し前を行った」とも考えている。「だが、ロシア側が世間に思わせたいほどに差が開いているわけではない」

失敗続きの計画

ロシアはまた今年10月、バレンツ海でセベロドビンスク原子力潜水艦からのミサイル発射実験に初めて成功したと発表した。これが本当であれば、潜水艦は水中の特定不可能な場所から長距離高速ミサイルを発射できるため、軍事バランスが変わる可能性がある。

しかし、この実験は失敗したようだとコノリーは言う。彼はイギリスのシンクタンク王立国際問題研究所によるロシアの軍事力の評価の共同執筆者でもある。

だがロシア国防省は11月にさらなる計画を示唆し、885型(ヤーセン型) 原子力潜水艦ペルミ2024からのジルコンの試験発射を再開すると発表。今回のミサイルは「設計のわずかな変更により、以前とは異なるものだ」と、タス通信は伝えた。

開発中のアバンガルド(極超音速滑空体)ミサイルシステム、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」と、核搭載可能な空中発射弾道ミサイル「キンザール」の実験も進んでいる。キンザールはイスカンデル地上発射型単距離弾道ミサイルの改良型でミグ31K迎撃戦闘機から発射される。

しかし、2018年にプーチンが言及したいくつかの軍事プログラムは、それぞれ障害に直面している。NATOのコードネームで「SSC-X-9スカイフォール」と呼ばれる原子力巡航ミサイル「ブレベストニク」は、2019年8月にロシアの北極海で秘密のエンジンテスト中に墜落したと考えられている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

プーチン氏、ウクライナ巡る協議に前向き=大統領府報

ビジネス

ユーロ圏PPI、10月は20年5月以来の前月比低下

ワールド

11月の世界食料価格、8カ月連続低下=国連機関

ワールド

クレディ・スイス、コスト削減を加速 収益見通し悪化

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 8

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 9

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 10

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月