最新記事

プロパガンダ

マイアミのコンド倒壊を嘲笑った中国でホテルが倒壊、それでも中国は「勝った」と主張

China, After Mocking Surfside Rescue, Hit by Hotel Collapse Disaster

2021年7月14日(水)18時02分
ジョン・フェン
倒壊した蘇州市のホテル

倒壊した蘇州市のホテルの瓦礫の山で犠牲者を「素早く」捜索する救助隊 cnsphoto via REUTERS

<フロリダ州のコンドミニアム崩壊と、残存部分の爆破解体を見て大喜び。犠牲者を見捨てるアメリカはもう「人権の灯台」ではなくなったと断罪>

7月12日に中国東部でホテルの崩壊事故が起き、中国の外交官たちにとって、なんとも皮肉な展開となっている。彼らは数日前までツイッターに、フロリダ州で起きたコンドミニアム倒壊現場の捜索・救助活動をあざ笑う投稿を続けていたからだ。

倒壊事故が起きたのは、江蘇省沿岸の蘇州市にある四季開源ホテル。地元当局によれば、3階建ての建物が崩れ落ち、瓦礫の山と化した現場では、現在も9人が行方不明になっており、600人以上が捜索に参加しているという。

13日の記者会見で、当局は、23人の犠牲者のうち14人が現地時間午前7時の時点で瓦礫のなかから救出されたと発表。8人の死亡が確認され、5人が入院し、1人が家に送られた。

行方不明者を含む犠牲者に関する情報はまだ明らかにされていない。当局は、18人の身元が確認されたとしつつも、詳細は明らかにしなかった。全員が宿泊客とみられている。

蘇州武江区の現場で捜索救助活動の調整にあたった地元消防署の職員チェン・シーアンは、救助は「非常に難しい」と記者団に語った。

「それほど高い建物ではないが、全体が完全に倒壊した。建物はすべて粉々になった」と、彼は説明した。

このホテルは客室54室の格安ビジネスホテルで、30年以上にわたって何度も名称を変え、昨年3月に新しいオーナーの下で営業を再開していた。

調子に乗った外交官たち

地元当局は、建物の構造を改変したことが倒壊の原因となった可能性があると見ており、原因調査するためのタスクフォースを結成した。

地元の緊急対応機関によれば、建物の倒壊は現地時間の12日午後3時33分頃に起きた。

一方、フロリダ州サーフサイド市でコンドミアムが部分倒壊したのは6月24日。この事故では94人の命が奪われ、22人がいまだに行方不明になっている。

中国の国営メディアは、7月1日の共産党建党100周年を前に、マイアミ郊外で起きたこの災害を大々的に報じた。

数日後に中国の外交官たちが口を出し始めた。彼らはアメリカと中国の公的な救助活動のあり方が対照的だと主張するツイートを投稿した。

フロリダ州の救助当局がハリケーンの接近に備えてコンドミニアムの危険な残存部分を爆破解体する決断をすると、中国メディアのアメリカ批判はさらにエスカレートした。残った建物は7月4日夕方に爆破され、20分後に救助活動が再開された。

中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)報道局長は7月7日、ツイッターに「フロリダ州のコンドミニアムでは100人以上が行方不明。なんと辛い!自然災害か、人災か?中国では考えられない」と投稿した。

「行方不明者を見捨てたアメリカ」

ニュース速報

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

ワールド

米下院議長、立ち退き猶予措置延長を呼び掛け 10月

ワールド

米ウォルマート、マスク着用再導入 一部従業員にワク

ビジネス

NY外為市場=ドルに安全買い、週足では5月初旬以来

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 3

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 4

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 7

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 8

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 9

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 10

    周到に準備されてきた中国ブロックチェーン覇権、来…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月