最新記事

ワクチン

あらゆるコロナウイルスに有効な「ユニバーサルワクチン」、実現の日は近い

A VACCINE FOR ALL OCCASION

2021年6月17日(木)20時09分
アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)
ワクチン(イメージ画像)

ILYNA VEKLICH/GETTY IMAGES

<以前から研究が進められてきた分野だが、新型コロナ禍で一気に加速。いずれ起きる次のパンデミックに備える>

バーニー・グレアムとジェイソン・マクレランが率いる研究チームは2020年1月、週末の休みを1回だけ返上して、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のワクチンを設計した。

彼らのデザインを基にモデルナやファイザーなどのメーカーがmRNAワクチンを製造し、何百万人ものアメリカ人が接種を受けたのは、それから1年ちょっと後のこと。現代医学でも前代未聞の「ワープ・スピード」での実用化だ。

接種が進む頃には、この気鋭のウイルス学者コンビは早くも次のパンデミック(世界的大流行)を見据えていた。問題は、どうすれば先回りして封じ込められるか、だ。

グレアムとマクレランをはじめ、いま多くの研究者たちは新たなミッションに挑んでいる。それは、新型コロナのワクチンに使われた技術を応用して、さらなる未来型新兵器を作ること。目指すは、いつでも使える状態で大量に備蓄しておけば、少しの変更を加えるだけで、新たに出現したコロナウイルスにも使える万能ワクチン。そう、あらゆる変異株、あらゆる種類のコロナウイルスに有効な「ユニバーサルワクチン」の開発だ。

今後も新たなコロナ流行の危険性は高い

mRNAワクチンの効果が低下したときに追加で打つ「ブースターショット」や南アフリカ型やインド型など次々に出現する変異株に有効なワクチンの開発も焦眉の課題だが、忘れてはならないのは未来のパンデミックに備えること。グレアムらは全く新しいタイプのコロナウイルスの出現を抑え込もうとしているのだ。(編集部注:WHOは新型コロナウイルスの変異株について従来の国名を用いた呼び名ではなく、ギリシャ文字を使った区別を行うと発表。従来の呼び名がイギリス型、南アフリカ型、ブラジル型、インド型だったものはそれぞれアルファ、ベータ、ガンマ、デルタとなります。本稿では執筆時の呼び名となっています)

ヒトに感染することが分かっている病原性のウイルスは分類学上の「科」のレベルで26を数え、コロナウイルス科はその1つにすぎない。

だが、この20年ほどの間に動物からヒトに飛び移り、死をもたらすような高い病原性を獲得したコロナウイルスは、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)に続いていま猛威を振るう新型コロナで3つ目。今後も動物の持つコロナウイルスがヒトに飛び移り、大流行する危険性は大いにある。すぐに実用化できなくとも、ユニバーサルワクチンの開発を急ピッチで進める必要があるのはそのためだ。

新型コロナの発生前から、研究者たちは既にこの困難な課題に挑んでいた。インフルエンザでも、ユニバーサルワクチンの開発は長年の課題になっている。実用化されれば、その年の流行予測に合わせて毎年ワクチンを接種する必要がなくなるし、新型インフルエンザの脅威にも対抗できると考えられるからだ。

ニュース速報

ビジネス

米、ロシアに外交官24人の国外退去要請=アントノフ

ワールド

EU、ベラルーシ非難 五輪代表強制帰国は「容赦ない

ビジネス

ペロシ米下院議長、立ち退き猶予措置復活をホワイトハ

ワールド

英旅行業界の再活性化望む=ジョンソン首相

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月