最新記事

新型コロナウイルス

コロナ感染、重症化と男性ホルモンの関係はどうなっているのか 米研究

2021年6月3日(木)17時30分
青葉やまと

男性ホルモンの急激な減少がコロナ感染や重症化のサインであるかもしれない Standart-iStock

<男性ホルモン値が高いほど重症化傾向との従来説に、新たな臨床データがノーを示した>

新型コロナでは、男性の方が女性よりも重症化と死亡に至りやすい。この傾向はパンデミックの初期からはっきりと現れていた。米ハートフォード病院は、中国でのこれまでのコロナによる死亡者の73%が男性、イタリアでも70%が男性だったと紹介している。

これほど顕著な違いがありながら、その原因についてはいまだ確定的な説明がなされていない状態だ。さまざまな推測が登場しており、なかには生活習慣の違いを原因とする見方もある。英医療情報サイトの『メディカル・ニュース・トゥデイ』は、男性の喫煙率の高さやマスクを着けない割合が比較的多いことなど、生活パターンの違いを根拠に挙げるものが多く見られると述べている。

男性ホルモンに注目した説は、高いと重症化しやすいとの認識だった

もっとも、比較的最近では、男性ホルモンを重症化の要因と位置付ける研究が出てきている。こうした説はこれまで、複数ある男性ホルモンのうち最も主要なホルモンである「テストステロン」の濃度が高いほど重症化に至りやすいとするものが主流だった。

この流れを汲んで今年1月には、米ミシガン大学が運営する探索的臨床病理学ミシガン・センターの研究者などが、ウイルス感染のメカニズムと関連づけた論文を著した。米国科学アカデミー紀要上で発表されたこの論文によると、男性ホルモンのテストステロンが気道上の細胞に作用し、より感染しやすい状態を作り出しているのだという。

研究チームは、ACE2およびTMPRSS2と呼ばれる物質に注目した。ACE2は、コロナウイルスが細胞内に侵入する際、ヒトの細胞に取り付く足掛かりになるものだ。トゲ状に飛び出たウイルスのスパイクタンパク質が、ヒトの細胞上のACE2受容体と結合すると、侵入の第一段階が完成する。このとき、細胞上のTMPRSS2と呼ばれる酵素が、ウイルスのスパイクタンパク質の働きを活性化する。

感染を促進してしまうこれら2つの物質は人体の多くの臓器に存在するが、とくに気道、肺胞、小腸に多く発現する。このうち肺内部の気道についてマウスを使った実験を行ったところ、男性ホルモンの増加に伴い、ACE2およびTMPRSS2の増加が確認された。実験ではオス・メスを問わず、男性ホルモンの増減に伴って同様の傾向が見られたという。

研究チームは、テストステロン値の上昇に伴ってこれら受容体が肺内部に多く発現し、より感染しやすい状態を生み出しているのだと説明している。本研究は感染に関するものだが、ほかにも既存の研究により、重症化との関連が指摘されている。

ニュース速報

ビジネス

家計の金融資産、3月末は1946兆円で過去最高 現

ワールド

米議会襲撃事件、下院に調査委設置 逮捕者500人に

ビジネス

雇用不足かインフレか、FRB当局者のリスク巡る見解

ビジネス

寄り付きの日経平均は続伸、米株上昇を好感 

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月