最新記事

動物愛護

元エリート弁護士が、家もカネも投げうって捨て犬ら70匹と暮らす理由

“I’ve Adopted 70 Rescue Dogs”

2021年6月3日(木)09時25分
マーク・スターマー(愛犬家、作家)
マーク・スターマー(愛犬家、作家)

マーク・スターマー(愛犬家、作家) MARK STARMER

<弁護士を辞めて犬を引き取ったあの日から生活が一変。資金は苦しいが、90頭の動物と一緒に生きる幸せな日々>

子供の頃、犬が嫌いだった。母が相当な犬嫌いで、わが家では汚くて臭い動物と見なされていた。私にとって犬は縁のない存在だった。

やがて私は弁護士になり、大手国際銀行の仕事に携わった。世界を飛び回り、家で待つ幼い子供たちにいつも土産を買って帰った。クアラルンプールのデパートで見つけたおかしな顔つきの縫いぐるみも、その1つだった。

数年後、ガーデニングのイベントに行ったら、その縫いぐるみにそっくりの奇妙な姿の犬を見つけた。私は驚いて、飼い主に犬の品種を訪ねた。シャーペイだった。2週間後、私たちはシャーペイの子犬を飼い、カイティと名付けた。

その後、カイティの遊び仲間にイングリッシュ・ポインターを飼った。しばらくすると今度は、フランス生まれの猟犬2匹の引き取りを頼まれた。そして、私たちの生活は一変することになる。

この頃、私は独立してビジネス書を出版し、世界58カ国を旅した。そんな生活を送るうちに母国イギリスが嫌になり、妻を説得して2006年にカナダのアルバータ州に移住した。当時わが家には犬6匹と猫2匹がいたが、みんな新居に連れて行った。

どんな犬も引き取って面倒を見た

引っ越して数カ月後、家の前に偶然、1匹のシベリアン・ハスキーが捨てられていた。捨て犬を引き取ったことを友人に伝えたところ、その話が広まり、いろんな人が「この犬も救ってくれ」と言ってくるようになった。

依頼は次々と舞い込んだ。多くの犬が心理的、身体的に傷を負っていた。高齢の犬、目や耳が不自由な犬、事故で足を失った犬、病気で死を前にした犬......みんな引き取って、面倒を見た。

アルバータ州の家には4年住んだが、近隣住民の理解を得られなくなり、引っ越すことにした。心おきなく犬を飼える場所を見つけるのに3年かかった。いま住んでいるブリティッシュコロンビア州に移った13年には、26匹の犬を飼っていた。ここはかなり田舎なので土地が安く、敷地の広さは前の家の10倍以上だ。

これまで引き取った犬は70匹になる。しかし他の飼い主に斡旋した分を含めると、100匹以上を助けた。やがて私たちは、犬以外の動物も引き取ることにした。

ニュース速報

ワールド

米中、来週の外相会談の予定なし=米国務省当局者

ビジネス

米経済「極めて力強く」回復、物価圧力問題視せず=N

ビジネス

米物価上昇の解消に「幾分か」時間かかる公算=ボウマ

ビジネス

FRB、性急な勝利宣言は禁物 物価高9カ月継続も=

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 7

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 8

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 9

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 10

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月