最新記事

変異株

中国でも「二重変異株」の感染者 2億人移動の連休控え「インド航空便を止めろ」の声

China Rocked by Double Mutant COVID Strain As Nation Fears Fresh Outbreak

2021年4月30日(金)19時21分
ジョン・フェン

連休を前に鉄道駅に詰めかけたマスク姿の人々(上海、4月30日) REUTERS/Aly Song

<インドで見つかった二重変異株への警戒が強まる中国だが、間もなく2億人が移動する「労働節」が始まる>

中国疾病予防コントロールセンター(CCDC)は4月29日、インドで見つかった新型コロナウイルス「二重変異株」の感染者が、中国国内でも確認されたと発表した。中国では、5月1日の「労働節」から5連休に入る。

CCDCが4月29日に北京で行った会見で、首席感染症専門家の呉尊友(Wu Zunyou)は、「インド変異株」の感染者が「国内複数の都市」で確認されたと発表した。ただし、詳細は明かされていない。この会見をきっかけにオンライン上では、5月1日からの労働節5連休中は水際対策を強化すべきだという声が多く飛び交っている。

約16カ月前に世界初の新型コロナウイルス感染者が確認された中国は、「二重変異株」である「B.1.617」による新たな感染拡大への懸念を抑え込むべく、公衆衛生対策にさらに力を入れようとしている。

呉は、国民が変異株に不安を抱くのは当然だとしたうえで、「新型コロナウイルスは、パンデミックの発生当初からずっと変異を続けている」と指摘。そして、パンデミックが終息するまで変異し続けるだろうと述べた。

「封じ込め対策を実施することが、変異株の感染拡大を止めると同時に、新たな変異を阻止するカギとなる」と呉は述べた。

呉の発表を受け、中国のメッセージアプリ「ウェイボー(微博)」では、新たに「中国の一部の都市でインド二重変異株が確認された」というハッシュタグが生まれた。記事の執筆時点では、このハッシュタグがついたメッセージが8000万回以上も閲覧されている。

中国の新規感染者は海外からの帰国者

中国の国家衛生健康委員会(NHC)によると、4月28日に中国国内で確認された新型コロナウイルス新規感染者は20人で、全員が海外からの帰国者だった。それ以外にも、無症状の感染者が14人確認されている(中国は、無症状感染者については別にカウントしている)。

28日の新規感染者のうち、11人は香港籍の貨物船「フアヤン・チャオヤン」の乗組員だ。この貨物船は、乗組員20人を乗せてインドを出発し、中国東部に位置する浙江省の寧波舟山港に入港した。

無症状者1人を含む感染者11人は全員、地元の衛生健康委員会の指示で隔離された。同委員会によると、地元住民との接触は確認されていないという。11人が感染しているウイルスが、インドの二重変異株なのか、ほかの変異株なのかは不明だ。

中国では、5月1日の祝日「労働節」から5連休が始まり、国内の旅行客は記録的な数に上る見込みだ。ほとんどが国内旅行で、5連休中は2億人以上が移動するとメディアは予想している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米サード・ポイント、ディズニー株取得 自社株買いな

ビジネス

NY州製造業業況指数、8月は-31.30に悪化 新

ワールド

アフガン、貧困や食料難など問題山積 タリバン全権掌

ワールド

米政権、バイデン氏の成果アピールへ 11月の中間選

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月