最新記事

アジア人差別

<閲覧注意>アカの他人がいきなり殴る蹴る......見境なくしたアジア系への暴行、周囲も見てみぬふり

Asian Man Threatened at NYC Home Depot Hours After Asian Woman Beaten in Midtown

2021年3月31日(水)17時29分
エミリー・チャコール
ニューヨークで前から来た男性に突然蹴り飛ばされたアジア系女性 TWTTER

ニューヨークで前から来た男性に突然蹴り飛ばされたアジア系女性 TWTTER

<中国が起源と言われる新型コロナウイルスの出現から始まったアジア系に対する嫌がらせや暴力がエスカレートしていることを物語る衝撃の動画が相次いだ>

ニューヨーク州ブルックリンのホーム・デポ店内で3月29日、アジア系の男性が人種差別的な中傷を浴びせられ、身体的暴力を振るうぞと脅される事件が起こった。

当局によれば容疑者は、標的になった男性に対して「誰にも」通報するなと警告したあと現場を離れたという。被害者の男性は、この事件をホーム・デポの従業員に伝えたあと、ニューヨーク市警察(NYPD)の第75管区の警官に公式に通報した。容疑者についても被害者についても、氏名は公表されていない。

今回の事件は、アジア系アメリカ人を標的とした暴力行為の最新の事例だ。直前には、ニューヨーク市の舗道で65歳のアジア系女性が蹴りつけられる事件があり、その様子をとらえた衝撃的な映像が明らかになった。

映像はニューヨーク市のヘルズキッチン地区にあるビルの防犯カメラが撮影したもので、身元不詳の男がいきなり女性を蹴り飛ばし、その衝撃で舗道に倒れた女性をさらに蹴り続ける様子が映っている。男はアジア差別の言葉を叫んでから、その場から逃げ去った。ビル内の入口付近にいた警備員たちはその暴力事件を止めようとせず、倒れた女性を助けようともしなかった。それどころか、加害者の男が去ったあと、警備員のひとりは倒れた女性を放置したまま入口のドアを閉めた(CNNによれば、この警備員は後に停職処分になった)。

210331suspect.jpeg
アジア系女性暴行事件の翌日、容疑者についての情報を求める警察の張り紙(3月30日、ニューヨーク) Mike Segar-REUTERS

30日にソーシャルメディアに投稿された別のビデオには、ニューヨーク市の地下鉄車内で、アジア系らしき男性に激しい暴行を加える身元不詳の加害者が映っている。現場には多くの人が乗り合わせていたが、誰も止めに入らなかった。警察は、ヘルズキッチンと地下鉄での暴行に関与した加害者の特定を進めており、関連する情報があれば提供するよう市民に呼びかけている。

ニューヨーク市で今週報告された一連のアジア人に対する暴力的な犯罪は、孤立した事件ではない。アジア・太平洋諸島系アメリカ人に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)は1年前ほどから全米で急増している。当局は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、保守派政治家が煽ってきた中国に対する反感が直接関係していると見ている。3月16日にジョージア州アトランタで起きた銃乱射事件でも、8人の犠牲者のうち6人がアジア系女性だった。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

マレーシアと中国、5年間の経済協力協定を更新へ 李

ワールド

タイ裁判所、タクシン元首相の保釈許可 王室に対する

ワールド

NATO基金、AI・ロボット・宇宙技術に投資 防衛

ビジネス

米新興EVフィスカー、破産法適用を申請 交渉決裂で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中