最新記事

植物

植物学者が称した「世界で最も醜いラン」、マダガスカル島で発見される

2020年12月23日(水)18時30分
松岡由希子

英キュー王立植物園の植物学者が「世界で最も醜いラン」と称した...... Photo: Rick Burian

<英キュー王立植物園の植物学者ヨハン・ヘルマンス名誉助教によって、マダガスカル島で発見されたランが、「世界で最も醜いラン」と称された......>

ランの一種「ガストロディア・アグニセルス」が、英キュー王立植物園の植物学者ヨハン・ヘルマンス名誉助教によって特定された。大きく豪華な美しい花をつける他のランと異なり、小さく茶色いグロテスクな花をつけることから「世界で最も醜いラン」と称されている。

ライフサイクルの大半を地下で過ごす

このランは、葉や光合成のための組織を持たず、菌根菌との共生によって必要な養分を摂取し、地下茎から成長する。生活環(ライフサイクル)において大半を地下で過ごし、地上に姿を現すのは、毎年8月と9月、開花したり、果実を実らせたりするときに限られている。花は長さ11ミリほどと小さく、色が茶色から白であるため、判別しづらい。

「ガストロディア・アグニセルス」は、1990年代にマダガスカル島南東部ですでに見つかっていたが、別種の「ガストロディア・マダガスカリエンシス」だとみられていた。ヘルマンス名誉助教は、2017年12月、マダガスカル島南東部ラノマファナの常緑樹林での実地見学で「ガストロディア・アグニセルス」を初めて発見。

curt12354-fig-0001-m.jpg

Botanical Magazine

2019年9月に同じ場所を調査したところ、竹が生い茂る湿度の高い森の日陰で、落ち葉やコケなどに紛れて、外側が茶色く内側が赤い花が咲いているのが見つかった。この花はジャコウバラ(ムスクローズ)のような心地よい香りを放ち、気温の上昇に伴ってその香りは強くなっていた。

ugly-2.jpg

J. Hermans

個体数は少なく、さらに減少していくとみられる

このランは絶滅危惧種と考えられる。分布域は、ラノマファナ国立公園の保護区をはじめ、マダガスカル島南東部のヴァトヴァヴィー=フィトヴィナニー地域に限られ、個体数は少なく、さらに減少していくとみられるためだ。また、菌根菌との共生の仕組みや受粉の方法など、このランについてまだ解明されていない点も多い。

英キュー王立植物園では、2020年、アフリカ、アジア、アメリカ、英国で、「ガストロディア・アグニセルス」を含め、植物および菌類およそ156種を発見している。

マダガスカル島では、2種のアロエも発見されたほか、ナミビアでは、高温少雨にも耐えうるユニークな鱗状の低木「ティガノフィトン・カラセンス」が見つかった。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国大使、北朝鮮紙に異例の寄稿 「中朝関係を強化へ

ビジネス

市場動向を注視、経済財政運営に万全期す=株価大幅安

ビジネス

東芝、昨夏の株主総会巡る2月の社内調査を開示

ビジネス

日銀、21日に通常のETF701億円購入 前場のT

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月