最新記事

健康

寒中水泳が認知症予防に効果あり? 英研究

2020年10月21日(水)16時50分
松丸さとみ

北ロンドンの屋外プール「パーラメント・ヒル・リド」の冬季水泳大会...... REUTERS/Toby Melville

<冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった......>

「低温ショックタンパク質」が鍵

英ケンブリッジ大学の研究者らが行った研究で、冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった。冷水の中で泳ぐことで、低温ショックタンパク質(RBM3)が体内に生成され、これが認知症の発症を遅らせると考えられている。

英公共放送BBCや英紙インディペンデントなどが報じた。BBCによると、この研究はオンラインで公開されているものの、医学誌などでは未発表だという。

今回の研究は、英国認知症研究所の拠点のうちケンブリッジ大学にあるセンターのディレクターを務める、ジオヴァナ・マルッチ教授が率いるチームが行ったもの。まだ研究段階としては初期であるものの、認知症の治療の一助になるのではないかと期待されている。

なおケンブリッジ大学の認知症研究チームは2015年、マウスを使った実験を行い、低体温になったマウスからRBM3が検出されたことや、そうしたマウスではシナプス(神経細胞間の結合部)が再建されたことを発見していた。

寒中水泳を楽しむスイマーの協力を得て

今回の研究のきっかけは、マルッチ教授がBBCラジオ4の番組『トゥデイ』に出演したことだった。番組中で同教授は、人間の体でRBM3がどんな役割を果たすのかテストしてみたいが、倫理的なガイドラインがあるため、人を超低体温にする許可を得るのは非常に難しい、と話していた。

これを知ったスイマーのグループが、マルッチ教授に協力すると名乗り出たのだ。彼らが泳いでいたのは、北ロンドンにある屋外プール「パーラメント・ヒル・リド」で、冬季も温水にはならない。そこで、マルッチ教授らの研究者チームは2016年、2017年、2018年の冬の間、冷水の中で泳ぐスイマーたちを観察した。

スイマーの血中にあるRBM3の濃度を調べたところ、かなり多くの人たちの間で増加が見られた。スイマーの多くは、深部体温(脳や内臓など、身体中枢部の体温)が34度程度にまで下がっていたという。

また研究では比較群として、プールの隣で太極拳を行っている人たちのRBM3も調べた。太極拳の人たちは低体温にもなっておらず、RBM3の増加も見られなかった。つまり、水の中にいる際に体が冷えることが、人間の体内でのRBM3生成を促したと考えられている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳、台湾やウイグル問題など中国巡り議論 半導

ワールド

日米首脳会談、台湾海峡の平和と安定の重要性で一致と

ビジネス

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

  • 2

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    東芝 車谷社長の何が悪いのか?

  • 5

    ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

  • 6

    日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

  • 7

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 8

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 9

    ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 3

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 6

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 7

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 8

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

  • 9

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月