最新記事

インタビュー

米ファウチ所長「大統領選前のワクチン完成は非現実的」

2020年9月29日(火)18時15分
ニューズウィーク米国版編集部

1984年から国立アレルギー・感染症研究所の所長を務めるファウチ KEVIN LAMARQUE-REUTERS

<ワクチン完成を急かすトランプ大統領と対立する国立アレルギー・感染症研究所のファウチ所長は、「ホワイトハウスの情報発信は人々の疑念につながっている」と語る>

米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、アメリカで最も有名な新型コロナウイルス感染症の専門家。感染症のパンデミック(世界的流行)だけでなく、それに伴う政治的混乱のこともよく知っている。

ファウチは現在、11月3日の大統領選前にワクチンの完成を急がせるトランプ大統領と対立しているところだ。大統領選前にワクチンの承認を強行する大統領令について、ファウチは本誌とのインタビューでこう語った。

「ワクチンの安全性と有効性を確認するために何が必要かを理解する人々の手で打ち砕かれるだろう。世間に恥をさらすことになる」

◇ ◇ ◇

──ワクチンの完成を急がせる政治的圧力は有害か。

例えばこんな状況を想像してみてほしい。突然、ホワイトハウスの誰かが(食品医薬品局〔FDA〕の)長官を呼び出し、「今すぐこのワクチンを出せ。さもないとクビだ」と言う。そんなことをすれば、世間から非難されるだろう。考えられないことだ。

(ワクチン承認の)過程にはチェックポイントがいくつもあり、本当に安全で効果があると分かる前に政治が影響を与えることは極めて困難だと思う。国立衛生研究所(NIH)が関係する全ての臨床試験には、データ安全性モニタリング委員会という独立した組織が関与する。そして私やNIHのフランシス・コリンズ所長のような専門家もいる。私たちは時期尚早の緊急使用許可にはっきりと懸念を表明してきた。

── 政治が「反ワクチン派」を勢いづけることを心配しているか。

もちろん。FDAはディープステート(国家内国家)の一部だとか、FDAがヒドロキシクロロキンの緊急使用許可を出した後に撤回したとか、大統領はヒドロキシクロロキンに好意的だとか......。ホワイトハウスのこうした情報発信は、明らかに人々の疑念につながっている。

──米モデルナ社製ワクチンの予備的治験データはあるか。

今のところ何もない。大半の被験者はまだ2回目の接種を受けていない。おそらく9月末までには、どんな状況か分かるだろう。

──治験がいつ終わるのか分からないのか。

仮に賭けをするなら、11月か12月になると思う。

──このワクチンの効果についてはどうか。

第1相試験は被験者45人の小規模なものだったが、自然感染と同等かそれ以上のレベルで中和抗体を誘導した。これは良い兆候だ。私の推測では、ワクチンの予防効果は70~75%程度だと思う。

ニュース速報

ワールド

中国、2020年国勢調査の結果を11日公表へ

ビジネス

アジア開発銀、化石燃料セクターへの融資終了へ=素案

ビジネス

日立の英鉄道車両で亀裂、各社が運行休止 政府は対応

ワールド

米とメキシコ、移民対策で協力へ 汚職撲滅や経済支援

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月