最新記事

誤解だらけの米中新冷戦

拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

CHINA ALONE

2020年9月18日(金)16時35分
ブラマ・チェラニ(インド・政策研究センター戦略問題研究家)

トランプ、安倍、モディの各首脳(2019年の大阪G20サミット) CARL COURT-POOL-REUTERS

<国際的評価を損ねた習政権が影響力を及ぼす手段は武力だけになった。「クアッド」の戦略的連携を深め、そのコストが高くつくと認識させるべきだ。本誌「誤解だらけの米中新冷戦」特集より>

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は今年の新年祝辞で、2020年は「里程標の意味を持つ1年」になると語った。この予言は的中したものの、あいにく習が描いていた形ではなかった。
20200922issue_cover200.jpg
この祝辞で習は「われわれの友は天下にあまねくいる」と胸を張ったが、そんなことはない。中国は国際的評価を損ね、友好国とも疎遠になり、影響力を及ぼす手段は1つしかなくなった。武力に訴えることだ。

後世の歴史家は2020年を分水嶺と見なすだろう。新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの国が中国頼みのサプライチェーンの危険性を思い知り、中国の共産主義体制への態度も変化した。特にインド太平洋地域で拡張主義的な姿勢を示していることで中国は孤立し、周辺国は対抗する準備を始めている。

日本は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカの機密情報共有の枠組みである「ファイブ・アイズ(5つの目)」との連携拡大を探り始めた。もし日本を加えた「シックス・アイズ」が成立すれば、インド太平洋地域の安全保障に重要な役割を果たすだろう。

「クアッド」と呼ばれるオーストラリア、インド、日本、アメリカの4カ国も、戦略的連携を深める構えだ。インドは近年、中国に協調的だったので、特筆すべき方向転換となる。

最近の中国はインドに対して攻撃的だ。4月下旬以降、中国軍がインド北部の係争地域で部隊を展開し、長年の領土紛争が再燃。これにより、インドのナレンドラ・モディ首相は対中戦略の変更を迫られた。

モディは今年、日米と毎年開催している海上演習「マラバール」に、オーストラリアの招待を検討している。オーストラリアはこの演習に2008年から参加していないが、インドは中国を刺激することを恐れて復帰の呼び掛けをためらっていた。オーストラリアが戻れば、クアッド4国がそろった海上演習の枠組みが成立する。

周辺主要国の戦略的な結び付きを深める次の一手は、より具体的な協力にならざるを得ない。問題は日米豪印の安全保障上の利益が必ずしも一致しないことだ。

もうご都合主義は通じない

インドと日本にとって、中国の脅威は重大かつ差し迫ったものだ。インドは中国との間に国境紛争を抱え、日本では中国の公船が尖閣諸島沖の領海を侵犯する頻度が増している。特にインドはクアッドで唯一、中国に対して陸上の防衛態勢を敷いており、軍事衝突の危険性は常にある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米下院委にトランプ氏の財務情報要求する権利、連邦裁

ビジネス

ラルフ・ローレンとカプリの四半期業績予想超え、高級

ワールド

欧州への石油輸送停止の要因はウクライナ側=トランス

ワールド

米で中国対抗半導体法が成立、バイデン氏署名 「一世

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 7

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月