最新記事

映画

ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がまるで児童ポルノと問題化

Netflix Stock Dropping Amid 'Cuties' Controversy

2020年9月16日(水)18時10分
キャサリン・ファン

アメリカで物議を醸したフランスの青春映画『キューティーズ!』 NETFLIX

<内容が過激過ぎるとして「#キャンセルネットフリックス」運動に発展、株価も下落>

ストリーミングサービスのネットフリックス(Netflix)の株価は、物議を醸した映画『キューティーズ!』の公開後、1.3%下落した。

映画祭の受賞作品でもあるフランスの青春映画『キューティーズ!』は、アメリカの観客向けに試写会をおこなった後、未成年の出演者を不適切に性的に扱い、搾取しているとして批判を浴びた。

『キューティーズ!』は、パリに住むセネガル系の少女が、友人たちのダンスグループに加わり、家族の問題から自由になるまでを描いている。この映画では、未成年の俳優たちが露出の多い衣装を身につけ、挑発的に踊るシーンが何度か登場する。

フランスの映画制作者マイモウナ・ドゥクレの監督デビュー作となるこの映画は、『Mignonnes(可愛らしいお嬢さんたち)』のタイトルで8月19日にフランスで公開された際にはそれほど議論にはならなかった。しかし、9月9日にアメリカで配信が始まるとまもなく、ツイッターで「#CancelNetflix(ネットフリックスを解約しよう)」というハッシュタグがトレンドにあがる。

配信翌日には、ネットフリックスの株価は3.9%下落した。

この映画は9月14日現在、アメリカ版ネットフリックスの人気映画ランキングの7位に入っている。

描写が「過激過ぎる」

子を持つ親や政治家、さらには多くの陰謀論者は、ネットフリックスにこの映画の配信停止を求めている。上院議員のテッド・クルーズとトム・コットンは、この映画は児童ポルノにも等しいとして、司法省に対して独自調査を開始するよう求めた。

クルーズはウィリアム・バー司法長官に宛てた書簡で、こう述べている。「この映画では、未成年の少女たちがたびたびフェティシズムの対象として性的に扱われており、露出の多い衣装を着て性行為を模したダンスを踊り、少なくとも一場面では未成年者が半裸になっている。そうした場面はそれ自体が有害だ」

『キューティーズ!』の監督ドゥクレが監督賞を受賞した2月のサンダンス映画祭では、この映画は猥褻とは見なされなかった。映画評論家やドゥクレは、問題視されている要素について、現代社会における少女たちの性的客体化に対する社会的批評だと擁護している。

フランスの映画組織ユニフランスが9月14日に主催したパネルディスカッションで、ドゥクレはこの映画のアメリカ公開について語り、受け入れられるだろうと思っていたと話した。

ニュース速報

ビジネス

サムスン電子、第3四半期は59%営業増益 第4四半

ワールド

WTO委員会、次期事務局長にナイジェリア候補推薦 

ビジネス

米フォード、第3四半期利益が予想を上回る 通期は黒

ワールド

韓国大統領、2050年までにカーボンニュートラル実

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 10

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月