最新記事

ヨーロッパ経済

堅調ヨーロッパ経済に潜むユーロ高の爆弾

THE HIGH COST OF A STRONG EURO

2020年8月22日(土)11時20分
ダニエル・グロー(欧州政策研究センター研究部長)

ユーロの対ドルレートの上昇がEUの首を絞める可能性も HANS-GUENTHER OED-STOCK4B/GETTY IMAGES

<「成長の鈍化した国の集まり」と世界中の投資家に評されていたEUが、コロナ危機への対応と堅実な政策決定によって見直され始めているが......>

ヨーロッパは、いま「良い」危機を経験している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)とそれに伴う景気後退にもかかわらず、EUは被害を最小限に抑え、その経済への信頼を高めている。だが、それでもリスクを免れるわけではない。

新型コロナの感染拡大と死者数を抑制する点でEUの対応は、例えばアメリカよりはるかに優れていた。経済への対応も予想以上に素晴らしく、全加盟国が労働者の解雇を防ぐ効果的な対策を取った。その結果、失業率はほとんど上昇していない。

EUの景気回復が今の予想どおりうまくいけば、企業はコロナ危機の前と同じ労働力で生産を再開できる。一方で、強力な裁量的財政措置が需要を支えている。

今、世界中の投資家がEUを見直している。以前は成長の鈍化した国の集まりと見なしていたが、今は違う。ペースは鈍いものの、堅実なEUの政策決定を高く評価し始めている。公的債務のレベルが比較的低いことも好印象だ。

EUは世界の他の地域よりもかなり景気がいい。アメリカでは失業率が急上昇し、GDPは今年第2四半期に9.5%縮小した。年率換算で前期比マイナス32.9%という大幅な悪化となり、統計を開始した1947年以来最悪の落ち込みを見せた。

EUが最近合意した7500億ユーロ(約94兆円)のコロナ復興基金は、共通通貨の硬直性に対する懸念を和らげ、その評価をさらに高めている。イタリア、スペイン、ポルトガルなどの国債のリスク格差の縮小は、危機の克服に役立つはずだ。

しかしEUに対する信頼の高まり(ユーロの為替レート上昇圧力)は、リスク格差縮小の恩恵を相殺するかもしれない。為替レートは、欧州の成長に短期間で大きな影響を与える。2017年末にはユーロが相対的に強かったため、その後2年間の成長が減速した。いまユーロは2017年当時より強い。ここ数週間で名目実効為替レートは5%上昇し、5年ぶりの高値に達している。

問題は、ユーロ圏が非常に開かれた経済だということだ。アメリカではGDPの12%にすぎない生産品・サービスの輸出が、EUではGDPの30%近くを占める。

開放的である上に、輸出に依存しているというEU経済の特徴は、ユーロが上昇し続ければユーロ圏に深刻な問題が起きる可能性を意味する。そのような変化は地政学的な観点からは望ましいかもしれないが、経済的には望ましいとは言い切れない。ユーロ圏のように極めて開かれた経済にとって、これは重大な欠点になり得る。

【関連記事】日本と同様の人口減少を迎えるユーロ圏が受け入れるべき「期待しない時代」
【関連記事】コロナ禍のEU経済を史上最悪の不況が襲う

ニュース速報

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

ワールド

アストラ製ワクチン、英独で対応分かれる 接種進展の

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月