最新記事

環境問題

血に染まったような赤い雪景色がアルプス山脈の氷河で観測される

2020年7月22日(水)16時45分
松岡由希子

イタリア北部プレゼナ氷河も、氷河が赤くなった...... @DiMauro_b-twitter

<アルプス山脈に属するイタリア北部プレゼナ氷河で、ピンク色に染まった氷河が観測された。これによって、熱を吸収しやすくなり、氷の融解を加速させる可能性がある......>

氷雪藻によって雪や氷が赤く染まる現象は、これまで北極で確認されてきた。2020年2月には、ウクライナの南極観測基地「ベツナツキー基地」の周辺で赤く染まった雪が一面に広がる光景がとらえられている。そしてこのほど、アルプス山脈に属するイタリア北部プレゼナ氷河でも、ピンク色に染まった氷河が観測された。


●参考記事
血に染まったような赤い雪景色が南極で観測される

氷雪藻によって、熱を吸収しやすくなり、氷の融解を加速させる......

イタリア学術会議(CNR)のビアージョ・ディマウロ研究員によると、プレゼナ氷河をピンクに染めた要因は、氷雪藻の一種「アンチロニーマ・ノルデンスキオエルディー」だ。グリーンランドの暗色域でも生息が確認されており、2020年1月に発表された研究成果では、これによって、グリーンランド南西部の氷床の融解が加速していることがわかっている。

また、ディマウロ研究員らの研究チームは、2020年3月16日に発表した研究論文で、アルプス山脈に属するスイス東部モンテラッチ氷河でもアンチロニーマ・ノルデンスキオエルディーが多く生息していることを初めて明らかにするとともに、その密集度と氷河の反射率に相関関係があることを示した。

カロテノイドを含む氷雪藻は、雪や氷を赤く染める。赤く染まった雪や氷では反射能(太陽光を反射する割合)が減少するため、熱を吸収しやすくなり、氷の融解を加速させる。氷の融解がすすみ、より多くの水や空気が氷雪藻に供給されると、氷雪藻がより繁殖し、雪や氷をさらに赤く染めるという悪循環に陥る。

近年の夏の熱波によって氷雪藻が繁殖しやすくなっている?

ディマウロ研究員は「気候変動によって、この現象がより激しくなるかもしれない」と指摘する。実際、冬に降雪量が少なく、春夏の気温が高いと、氷雪藻は繁殖しやすい。現時点では、モンテラッチ氷河、プレゼナ氷河以外に、アルプス山脈で氷雪藻は確認されていないが、近年相次ぐ夏の熱波によって氷雪藻が繁殖しやすくなっているおそれはある。

ディマウロ研究員らの研究チームは、今後、地球観測衛星を用いて氷雪藻の分布状況を調査する方針だ。ディマウロ研究員は、「2019年3月に打ち上げられたイタリア宇宙機関(ISA)の地球観測衛星『PRISMA』が収集するハイパースペクトル画像を活用することで、アルプス山脈や極域雪氷圏での氷雪藻の影響について、より精緻に予測できるだろう」との見通しを示している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

原油先物3%超下落、米積極利上げ観測で ロ産原油上

ビジネス

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

ワールド

ウクライナ、無人機でロシア深部攻撃か 原油価格は上

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月